2022.07.07

 7月7日(木)都内にて、8月27日(土)東京・後楽園ホール「Krush.140」のの第1弾カード発表記者会見が行われた。

 第6代Krushスーパー・フェザー級王者・郷州征宜が現役を引退、引退セレモニーを行うことが決定した。通算戦績は36戦25勝(7KO)11敗。

 郷州は生まれつき難聴というハンデを背負って戦うファイターで、2016年4月にK-1初参戦。2017年10月には第6代Krushスーパー・フェザー級王座に就いた。2018年3月「K'FESTA.1」での第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントでは準決勝で武尊とも拳を交えた。

 2019年5月18日「Krush.101」での友尊選手を最後にリングから離れていたが、この日、正式に現役から退くことがアナウンスされた。大会当日、郷州はリングに立ち、ファンに向けて最後のメッセージを送る予定だ。

 

選手登録