2016.05.11

 5月11日(水)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて、6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」の記者会見が行われた。

 すでに-65kg世界最強決定トーナメントのリザーブファイトとして発表されている木村“フィリップ”ミノルとNOMANの一戦。この日、両者は揃って会見に出席し、それぞれ試合への意気込みを語った。

 会見ではまず前田憲作K-1プロデューサーが木村×NOMANのリザーブファイトについて説明、試合の見所を解説した。

「木村選手は3月の日本代表決定トーナメントでは野杁正明選手にKO負けを喫し、1回戦で敗退。昨年11月のタイトルマッチから連敗となっています。しかし2015年の大会ではゲーオ、HIROYA、マサロ・グランダーと世界トーナメントに出場する3選手を剛腕で打ち破っています。

 対するNOMAN選手は第3代Krush-65kg王者で、日本代表決定トーナメントでは1回戦で敗れはしたものの、実力者の久保選手相手に判定まで粘りました。優勝候補の久保選手を苦しめた策士で、周りを驚かせる選手なのでリザーブファイトに相応しいと思っています。剛腕の木村選手と何かを起こしそうなNOMAN選手。ハードパンチャー同士の対戦に期待しています」

 前田プロデューサーの言葉にもあったように、今回が2連敗からの再起戦となる木村。冒頭の挨拶では「自分は2連敗していて気持ちも落ちて、どん底まで落ちたと思っています。でもそこから這い上がる男がどれくらい強いかをNOMAN選手相手に見せたいと思います」と復活を誓い「今、自分は心から乗っていて、早く試合がしたいと思っています。こういう気持ちになるのも初めてなんで、やばいものを見せられると思います」と目をぎらつかせる。

 2014年11月の新生旗揚げ戦からすべての大会に出場してきた木村だが、初めて4月大会を欠場。リングの外から試合を見ることになったが、これが木村の気持ちに火を点けた。

「自分としては1回目のゲーオに勝った試合(2015年1月)から始まっていて、ゲーオに勝ったことでプレッシャーが強くなって、そのプレッシャーがある中で過酷なトレーニングと減量をして試合を続けて、ゴールにもう一度ゲーオが居るというのは本当にプレッシャーや恐怖心があった。

 ゲーオとのタイトルマッチは力を出し尽くして負けてしまったんですけど、休む間もなく日本トーナメントで野杁選手と試合が決まって、というのはファイターとして大変な状況で苦しかったです。

 でもあれから十分な休養期間があって、外からK-1・Krushの試合を見ていて、リングで戦っているファイターたちがうらやましい・素晴らしいという気持ちが込み上げてきました。今はそこからくるハングリー精神や絶対に俺がやらなきゃいけないという気持ちが盛り上がっています」

 対戦相手のNOMANは過去に一度、対戦してKO勝利している相手。「NOMAN選手は弱い選手じゃなくて"まあまあ強い"選手なんで気を抜かずに頑張ります」と軽く毒づく場面もあったものの「NOMAN選手もあれから強くなっていると思うし、久保戦でもしっかり耐えていいところも作ったと思うんで、しっかり対策します。3Rしっかり楽しんで、最後はKOで勝てればそれがベストかなと思います」と再出発の一戦を前に気を引き締めた。

 一方、今回リザーブファイトのチャンスを掴んだNOMANは「日本トーナメントでは1回戦負けだったんですけど、こうしてオファーをいただきました。リザーブファイトに選ばれた以上はしっかり頑張りたいと思います」と挨拶。

 前回の木村戦を「完全に舐めていたんで負けて当然という精神状態だったと思う」と振り返りつつ「今の木村選手は普通に実力があるし、どこからでもパンチのカウンターを合わせる。普通に打ち合ったら負けると思うので、しっかり考えて戦いたいと思います。おそらくKO決着になると思うけど、それは試合で見せたいと思います」と秘策を用意して木村にリベンジするつもりだ。

 木村が復活の勝利を収めるか? それともNOMANがリベンジを果たすか?

 

選手登録