2022.05.20

 5月20日(金)都内にて、開催を明日に控えた「Krush.137」後楽園ホール大会の前日計量と記者会見が行われた。

 明日の第一試合はKO決着必至の蓮實光vs大野祐志郎のスーパー・ライト級戦。会見に同席したKrush EVANGELISTの石川直生さんは「このマッチメイクが決まった時に、今大会の方向を運命づけるという意味で第1試合だったら面白いと思っていました。両者ともにこのKrushの第1試合と言う意味を理解しているし、相手へのリスペクトもあり、しかもKOにしか興味がありません。互いに理屈を抜きにKrushの第1試合を楽しみにしましょう」と両者にエールを送った。

 蓮實が「自分は絶対にKO決着。今年一発目の試合なのでしっかりKOで勝って、今年は全試合KO勝利で」とKOを予告すれば、大野も「Krushという舞台は壊しの舞台なので、前回もしっかり第1試合の火付け役として、KOができました。今回もKO勝利を目指す」とバチバチのKOを宣言している。最後まで立っているのはどちらか?
蓮實光
「明日の第1試合に選ばれて、1RからしっかりKOで倒します。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)大野選手は脂肪のない凄い肉体をしているなと感じました。(第1試合ということで試合のテーマは?)テーマというか、自分は絶対にKO決着。今年一発目の試合なのでしっかりKOで勝って、今年は全試合KO勝利で。明日は特に大きな試合になると思います。(ファンにメッセージ)明日の試合は1RにKOで倒します。お見逃しなく注目して下さい」

大野祐志郎
「Krushという舞台は壊しの舞台なので、前回もしっかり第1試合の火付け役として、KOができました。今回もKO勝利を目指して頑張ります。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)予想していた通り、身体が凄くごつくてそういうトレーニングをされているのかなと。握手をした時に手が大きいと感じたので、パンチは強く、重たいものを打ってくる印象があります。(第1試合ということで試合のテーマは?)大きなテーマとしては今年全勝。今回のテーマとしては、蓮實選手は剛か柔かでいえば剛なので、柔よく剛を制してこの試合で勝ちたいと思います。(ファンにメッセージ)明日は第1試合目で火付け役を任されています。会場でお越しになる方もABEMAでご覧になる方も大役を務めるためにリングに上がるので最後まで見届けて下さい」

 

選手登録