2021.11.21

 11月21日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.131」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合では稲垣柊が登場し、Krushスーパー・ライト級ワンマッチで大泉翔と対戦。開始早々に左ストレートでダウンを奪うと、コーナーに追い込んで飛びヒザ蹴りから左ストレートで2度目のダウンも奪う。そして、右フック。3度目のダウンを奪って、1R1分41秒で見事なKO勝利を飾った。

 第1試合でのKO勝利と、大会に火を付ける役割もキッチリ果たした。「しっかりクラッシュが出来たのでその仕事を果たせて良かったなと思います」と胸を張る稲垣。「リングでも言った通り、結果は当然の結果だったと思う」と語ると、「1試合目に組んでもらってその仕事が出来たのはとても嬉しいので、ドンドン与えられた仕事をクリアしていって、もっともっと上に行きたいです」と貪欲な姿勢を見せる。

 昨年の10月から所属するK-1ジム大宮にはボクシングのコーチが来るようになり、稲垣もその指導を受けた。「パンチの打ち方だったりとか相手が来る時の防御とか、いろいろ細かいこともあるんですけど、それが身に染みていて、昨日は無意識的に出るようになっていたので、それが一番嬉しいところですね」と、指導の成果をしっかりと発揮できたことも稲垣にとっては喜びだった。

 また、兄の澪は先週、Bigbangでフェザー級王座を戴冠。「そこに負けられない想いがあるので、来年は一歩一歩上に行きたいと思います」と刺激になっている様子。自身も狙うはKrushのベルトだ。

「ベルトは絶対狙っていきたいですし、昨日のセミファイナルでスーパー・ライト級で自分よりも全然上の位置にいる選手たちの試合があって、そこの選手に比べればまだベルトには遠いと思うんですけど、一つ一つ勝っていけば絶対にベルトには近づいていけるので、チャンスが来たら絶対にものにしたいと思います」と、当面はタイトル奪取に向けて着実なステップアップを目指す。

「先週、兄がベルト獲って、稲垣兄弟は乗ってるので、来年は稲垣兄弟の年に出来るように精進していきたいと思います」と、兄弟で立ち技業界に旋風を巻き起こすことを誓っていた。

稲垣柊
「昨日の試合はずっと反復してたことが出た試合だったと思います。あとはKrushの火付け役として1試合目に組んでいただいて、しっかりクラッシュが出来たのでその仕事を果たせて良かったなと思います。(一夜明けての心境は?)リングでも言った通り、結果は当然の結果だったと思うんですけど、1試合目に組んでもらってその仕事が出来たのはとても嬉しいので、ドンドン与えられた仕事をクリアしていって、もっともっと上に行きたいです。

(昨日の試合の勝因は?)去年の10月からジムに新しくボクシングのコーチが来くれるようになって、パンチの打ち方だったりとか相手が来る時の防御とか、いろいろ細かいこともあるんですけど、それが身に染みていて、昨日は無意識的に出るようになっていたので、それが一番嬉しいところですね。

(おそらく今年最後の試合になると思うが、今年を振り返ってどんな1年だった?)やったのは2試合なんですけど、一応全勝で終われてるので来年には繋げられたかなと思いますし、兄も先週ベルト獲って、そこに負けられない想いがあるので、来年は一歩一歩上に行きたいと思います。

(来年の具体的な目標は?)ベルトは絶対狙っていきたいですし、昨日のセミファイナルでスーパー・ライト級で自分よりも全然上の位置にいる選手たちの試合があって、そこの選手に比べればまだベルトには遠いと思うんですけど、一つ一つ勝っていけば絶対にベルトには近づいていけるので、チャンスが来たら絶対にものにしたいと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。先週、兄がベルト獲って、稲垣兄弟は乗ってるので、来年は稲垣兄弟の年に出来るように精進していきたいと思います」

 

選手登録