2021.11.21

 11月21日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.131」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第5試合ではKrushライト級ワンマッチが行なわれ、竜樹と迅也が対戦。延長にもつれ込む接戦となったが、竜樹が左フックでダウンを奪取。続けて右フックを叩き込んで2度目のダウンを奪うとレフェリーが試合をストップし、延長R1分6秒で竜樹がKO勝利をもぎ取った。

 激戦を制した竜樹だが、前回の試合は地元で開催された7.17K-1福岡大会。その大会では西京佑馬に敗れてしまったが、見事に再起戦をKO勝利で飾ることが出来た。「内容的にはダメダメだったんですけど、連敗をとりあえず避けれたので今はホッとしています」と一夜明けての心境を語った竜樹。今年に入ってから上京し、ウィラサクレックジム三ノ輪に籍を置いてゴンナパー・ウィラサクレックらと日々練習に励んでいる。

「延長なんで気持ちとスタミナの面で勝てたのが大きかったのかなと思います」と、その成果が出たとも言える試合だった。今年は3戦して2勝1敗とまずまずの成績だが、「来年は全勝で行けるように頑張ります」と目標はさらに高い。「連勝できるように頑張るのと、ドンドン用意された相手を倒していって、タイトルを狙って行きたいと思っています」と、来年はライト級のタイトル戦線浮上の足がかりを作り年にする。

竜樹
「延長になったんですけど、倒せて勝ててホッとしてます。(一夜明けてどんな心境?)内容的にはダメダメだったんですけど、連敗をとりあえず避けれたので今はホッとしています。(延長でのKO試合だったが、倒し切れた要因は?)延長なんで気持ちとスタミナの面で勝てたのが大きかったのかなと思います。(おそらく今年最後の試合になると思うが、今年を振り返ってどんな1年だった?)今年は3戦で2勝1敗。ギリギリ勝ち越し出来たんですけども、負けも経験して、来年は全勝で行けるように頑張ります。

(今後の目標は?)連勝できるように頑張るのと、ドンドン用意された相手を倒していって、タイトルを狙って行きたいと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。内容はダメダメだったんですけど、これからもっと頑張っていくので応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録