2021.03.05

 3月27日(土)東京・後楽園ホール「Krush.123」の[Krushバンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・壬生狼一輝と対戦する王者・吉岡ビギンのインタビューを公開!

――昨年12月王座決定トーナメントを制して、バンタム級チャンピオンになりました。ベルトを巻いて、どんな変化がありましたか?

「周りの反響は大きくて色々なな声をいただきました。ただ試合内容があれだったので、ちゃんと受け止められないっていうか…。自分の中で消化できていない部分もありますね」

――トーナメントは3試合とも接戦でした。ベルトが手元にあっても、まだチャンピオンになった実感がないというのが正直なところですか?

「そうですね。全然実感はないです。試合映像を見直しても、イライラするくらいなので(苦笑)」

――直近3試合は王座決定トーナメントで、今回は初防衛戦になります。気持ちの面でこれまでの試合と違いはありますか?

「トーナメントはただガムシャラにベルトを獲りに行くという感じだったし、準決勝・決勝は1日2試合だったのでキツかったですね。今回はワンマッチの試合でベルトを守る側に回るのですが、気持ちとしては守る・守らないというより用意された相手を倒すだけです。そういう意味では今まで通りで変わらないかと思います」

――対戦カード発表会見でも言われてましたが、壬生狼選手のことは早くから上に来る選手だと思っていたそうですね。

「はい。壬生狼選手のセコンドとも親交があって、試合に向けて相当な練習量を積んでいると思うし、防衛戦には壬生狼選手が来るんじゃないかと思ってました」

――壬生狼選手はプロ戦績・負けなしの選手ですが、言える範囲で吉岡選手の勝つイメージを教えてください。

「10代の割にはスピードと技術があって、10代の選手の中でもずば抜けた選手だと思います。ただ綺麗に戦ってくれた方が僕はやりやすいので、打ち合って自分の持ち前を活かしたいと思います」

――今回は2週連続開催となる「K'FESTA.4」に挟まれた大会になります。「K'FESTA.4」よりもレベルが高い試合・面白い試合をしたいという気持ちはありますか?

「プレッシャーは特に感じてなくて、ファンの方に喜んでもらえる試合をしたいな、と。『K'FESTA』は大きな舞台ですけど、Krush・後楽園ホールでも負けない試合を見せたいです。Krushチャンピオンとして“K-1はスゴいけど、やっぱりKrushもスゴいな”と思ってもらえるような試合をします」

 

選手登録