2021.03.03

 K-1ジム福岡にて、3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]で谷川聖哉と対戦するRUIが公開練習を行なった。

 今回の試合から心機一転、K-1ジム福岡所属として再出発するRUI。公開練習では同ジムの前田勇人代表が持つミットに、身長192㎝のリーチを活かした左ミドルを蹴りこんでいった。

 活動の拠点を地元・福岡に移したRUIは「今までと練習が内容が違います。今はとにかく走っていますね。まだ福岡に帰ってきて間もなくて手探りの状態で、ジムにいる同年代のファイター、代表、トレーナーたちと相談して、少しずつ形を作っている段階です。そう意味では新しい練習環境にシフトできているかなと思います」。

 K-1ジム福岡には現K-1クルーザー級王者・K-Jeeが在籍。K-Jeeも「K’FESTA.4 Day.2」3.28(日)日本武道館大会でシナ・カリミアンとの初防衛戦を控えており「僕もK-Jeeもお互い負けず嫌い。今回の試合に集中していないわけではないですけど、目の前の試合に集中したうえで、日常から格闘家として過ごせていると思います」と切磋琢磨している。

 対戦相手の谷川について「若い、動き回る。一撃で倒す技も持っているでしょうし、全然下に見てないです。強いんだろうなという印象です」と話すRUI。谷川は空手で培った蹴り技を得意にしているが「僕も今まで空手家とやることが多かったんですけど、空手にもいろいろと流派があるんで、谷川選手には谷川選手として気を付けています。変に彼に付き合うと倒されると思うので、クレバーに貪欲に、今やっている練習をはめて、谷川選手を攻略して勝ちに行きます」と対策は万全だ。

 RUIにとっては昨年11月のK-1福岡大会でANIMAL☆KOJIに敗れて以来の再起戦となる。谷川を倒して勝利を掴むとともに、K-1福岡大会開催の夢を語った。

「まずはこの一戦を絶対に落とせないです。何のために帰ってきたか分からないし、同じ場所・環境にK-1チャンピオンのK-Jeeがいますが、目標としてはそこ(K-1チャンピオン)ですね。もし次の試合に勝っても、タイトルマッチにたどり着くまで何戦かあるでしょうけど、最短でタイトルマッチまでいきたいです。あとは今年もK-1福岡大会をやりたいし、K-1だけじゃなくてKrushも福岡に持って帰ってきて九州の格闘技の盛り上げに貢献したい。そのために福岡に戻ってきたところもあるし、ベルトを獲って、その先の景色をみたいです」

 最後に「この試合で自分の存在感を示して、崖っぷちの人間の強さを体現します」と語ったRUI。その言葉通り、復活の勝利を掴むことができるか?

 

選手登録