2021.03.01

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の[K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者K-Jeeと対戦する挑戦者シナ・カリミアンのインタビューを公開!

――カリミアン選手にとっては待望のタイトルマッチが決まりました。今どんな心境ですか?

「今回の試合は自分にとってタイトルマッチというよりはリベンジという位置づけが強い。福岡大会では自分でも何が起きたか分からない試合で、全く自分を出すことができまずに終わってしまった。もちろんタイトルマッチではあるが、相手に対しても自分自身に対しても今回はリベンジを果たしたいと思っている」

――チャンピオンになったK-Jee選手に対してはどんな感情がありますか?

「彼は臆病者だという風にしか思っていない。この階級で彼が一番弱いという印象も受けている。試合をして分かったのはパンチも力がないし、フィジカルも強くない。私はこれまで彼より強い相手と戦って倒してきている。だから今回はK-Jeeがどうこうではなく、前回の自分に対してのリベンジだと考えている。K-Jeeはこの試合の前にKrushのベルトを返上したそうだが、私にはそのことが信じられない。次の試合で彼はK-1のベルトを失うことになるからだ。K-JeeがKrushのベルトを返上したことは間違った選択だったと思う。K-1のベルトはK-Jeeには重過ぎるし、K-1のベルトを持つにはまだ早い」

――かなりK-Jee選手に対しては辛辣ですね…。今回の一戦は今の言葉を証明する試合になりそうですか?

「福岡大会を終えた後、私は一切休むことなく練習を続けてきた。クリスマスも正月も返上し、自分の弱かったところ・修正すべきところを重点的に練習してきた。今回は前回の結果を正し、いま私が言ったことを証明する試合になる」

――それでは今回の試合へ向けて、ファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「福岡大会で負けた後、より一層日本のファンのみなさんに自分が愛されていることを感じた。多くの人からメッセージを頂いて、みなさんが自分とともにガッカリしてくれて、『本当のキングはあなただ』という声をたくさん掛けてくれた。そういう声をもらえたことはとても嬉しかったし、私にとって本当に誇りだと思っている。それは母国の人たちも同じで、母国のファンの人たちも本当に自分のことをサポートしてくれて、そういった思いをすごく感じた。みなさんの気持ちへの恩返しも含めて、全てものを3月28日にリングの上で見せて、みなさんの応援にファイトでお返ししたいと思う」

 

選手登録