2021.02.23

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]でRUIと対戦する谷川聖哉のインタビューを公開!

――当初1.24代々木大会でシナ・カリミアン選手と対戦予定だった谷川選手ですが、最終的に3.22有明大会でRUI選手と対戦する形になりました。

「対戦相手が変わることは想定していなかったのですが、準備期間が伸びたことはポジティブに考えています」

――準備期間が伸びて、どんなプラスがありましたか?

「ずっとフィジカルを鍛えないといけないと思っていたので、そこがさらに伸びてきた感じはあります。KREST以外でフィジカルを鍛えるジムの練習も始めて、食事の面もサポートして頂けることになったんですね。そうしたら肩周りが大きくなってスーツのボタンが締まらなくなっちゃって、洋服のサイズが一回り大きくなりました。通常体重も100kgを維持できるようになって、スパーリングでもパワー負けしなくなったし、100kgで動けている感じがあるので、ここから減量したらもっと速く動ける手応えがあります」

――対戦相手のRUI選手の印象はいかがでしょうか?

「一度試合が流れている相手なので、いずれはやるだろうなと思ってました。RUI選手は長身の選手ですけど、ずっとシナ選手を想定していたので全く問題ないと思います」

――どんなところに注意して戦いますか?

「やっぱりヒザ蹴りですかね。もう対策はバッチリなので、試合までに怪我だけしないよう気を付けようかなと思います」

――クルーザー級も選手が増えて、かなり盛り上がってきましたね。

「『K'FESTA.4』に出るクルーザー級の選手のなかで自分が一番年下だと思うので、自分が勝っていかないとクルーザー級の火が消えてしまうと思います。上の世代の選手たちには僕の生贄になってもらって、しっかり一人ずつ倒していきたいと思っています」

――それでは改めて試合の意気込みをお願いします。

「2日間で行われるクルーザー級の試合のなかで、自分とRUI選手の試合が一番面白かったと思わせるような試合をしたいです。勝ってマイクで喧嘩を売りたい相手がいるので、そこも注目してもらえたらと思います」

 

選手登録