2021.02.04

 2月27日(土)東京・後楽園ホール「Krush.122」の[Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で野田蒼と対戦する晃貴のインタビューを公開!

――昨年11月のK-1福岡大会では壬生狼一輝選手に判定1-2で敗れるという結果でした。あの試合を振り返っていただけますか?

「ファイトスタイルを変えて試合に臨んだんですけど、まだまだ改善点がたくさんあるなと思いました。詰めるところで詰め切れてないですし、追い込んではいるんですけどそこで終わっているし、見ている人が明確に評価しづらい試合をしてしまったと思います」

――晃貴選手は直近5試合の戦績が1勝4敗と黒星が先行しています。今までと同じ戦い方では結果を出せないという考えもあるのですか?

「そうですね。僕もタイトルを獲って、周りから追われる立場になって、自分の戦い方を研究・攻略されるようになったんですよね。それは今までに経験してなかったことで、ただ気合いと根性でやるだけでは勝てなくなると思っていました。それで前回の試合から戦い方を変えてみて、まだまだ足りないところだらけなんですけど、自分が何をやらなければいけないかが分かってきたと思います」

――自分が目指すべきファイトスタイルは見えているのでしょうか?

「はい。試合に負けたことはめちゃくちゃ悔しいですが、今は自分の理想のスタイルを作るために練習を続けています」

――対戦相手の野田選手にはどんな印象を持っていますか?

「勢いがある選手ですけど、ここで負けたら上には行けないので、しっかりいい試合を見せてKOで勝ちたいと思います」

――野田選手はプロ6戦目の選手です。ここで負けたらあとがないという気持ちはありますか?

「勝たないといけないという気持ちの方が大きいですね。なんだかんだで結果を出さないと落ちていくだけなので、今回は絶対に勝ちたいです」

――会場のみなさんにどんな試合を見せたいですか?

「みんなを沸かせる試合をすることが理想なので、結果にこだわることはもちろん、試合内容も自分の理想を追求したいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「やっぱり上にいく選手はただ勝つだけじゃないし、ただ面白い試合をするだけじゃなくて、面白い試合をして勝つじゃないですか。僕もプロでやっていて、K-1 JAPAN GROUPのリングで戦う以上は、そういう選手を目指しているし、お客さんが興奮するような試合をして勝ちます」

 

選手登録