2021.01.24

 1月24日(日)都内にて記者会見が行われ、4月23日(金)後楽園ホールで開催される「Krush.124」の対戦カードが発表された。

 壽美と真優による第5代Krush女子フライ級王座決定戦が決定した。これは昨日後楽園ホールで行われた「Krush.121」で準決勝を勝ち抜いた両選手による決勝戦。KANAの返上により空位となっていた王座を、この2人で争うこととなった。

 中村拓己K-1プロデューサーはこのカードについて「この2人は一昨年12月、K-1女子フライ級王座決定トーナメントのリザーブファイトで対戦していて、その時は壽美選手が勝利しました。その後、両選手ともに試合を重ねるごとに成長して、Krushのベルトを懸けた試合で再戦という形になります。2人が歩んできた道、前回の対戦からここに至るまでの道のりも語り甲斐があると思いますし、こういった形でベルトを懸けて再戦というのも意味のある一戦となったのではと思います」とコメント。

 NA☆NAを2RKOで下した真優は「昨日はKOで勝ったんですけど、対戦相手の方のツイートを見たら試合前に首のヘルニアになっていたと書かれていて、自分は伏せとこうかと思ったんですけど、自分も試合1週間前に腰のヘルニアになっちゃって。痛み止めを打ったり、試合前に悩んで苦しい思いをしたので『あんな書き方しちゃってるんや』とちょっと残念に思いました」としつつ「前蹴りも顔にしちゃって首の方に痛みも来たって書いてたので、それはちょっと申し訳ないなって感じですね」と試合を振り返った。

 一方、ベテランの芳美に判定勝利した壽美は「まず昨日勝つことができて、Krushのチャンピオンになりたいという気持ちがさらにさらに強まったので、4月23日はその強い気持ちをリングで大爆発させて、絶対にチャンピオンになります」とベルトへの意欲が高まったことを明かす。

 4月の決勝戦に向けては、壽美が「昨夜の試合を見ても一発一発の精度が低すぎて。不器用なので練習するしかないです。誰よりも練習します」と決意表明すれば、真優は「魅せる試合をしたくて練習していますが、まだ5%も出せてないです。120%出せれば絶対ベルトも獲れると思うので、魅せれる試合をできる自分を早く見つけたいです」と話した。それぞれ勝てば王座初戴冠となる中、2人はどんな闘いを見せるのか?

壽美
「(真優の準決勝を見た感想は?)動きが以前よりもスピードが増していて、前蹴りのタイミングも練習してきたんだなというのがすごく伝わって、“衝撃”って感じです。(一度対戦している影響は?)正直、あの時の真優選手はもういないと思っていて、昨日見ていても別人の強い姿でリングに上がっていたので、3カ月後、さらにパワーアップした真優選手が目の前に現れると思うので、私はその倍強くなって勝てるように頑張ります。

(決勝戦に向けて、自分に必要なものは?)動画を見て、やっぱりまだ一発一発の精度がすごく低いなと思いました。あと熱くなってしまうとグチャッと前に行ってしまうところが常に課題なので、練習するしかないと思ってます。不器用なので、練習したことが出ると思っているので、誰よりも練習します、絶対。(年末年始を返上したと思うが、試合が終わってやりたいことは?)昨日の試合がすごく悔しくて、すぐに練習したいと思うので、明日から練習しようと思いました。

(自分以外では誰のためにベルトを獲りたい?)やっぱりジムのみんなですね。恩師のグレイシャア亜紀さんをはじめ、一緒に練習してくださっている先輩方、教えてくれているトレーナーさんにも、本当に本当に感謝がいっぱいすぎて、みんなに『ベルト獲ったよ、チャンピオンになったよ』って言いたくて、それを想像するとすごく頑張れるんで、言いたいと思います。

(ファンに向けてメッセージを)120%の努力を毎日して、絶対勝てるっていう自分、絶対チャンピオンになれるっていう自分を作って4月23日のリングに立って、必ずチャンピオンになります。応援よろしくお願いします」

真優
「(壽美の準決勝を見た感想は?)試合数を重ねるごとに圧倒的な強さを見せてるっていうのがすごく伝わってくるし、華もだんだんついてきてて、『すごい』しかないですね。(一度対戦している影響は?)前回、自分は負けちゃったんで、負けてリングを降りた思いを次にやり返したろうという思いしかないですね。

(壽美がKANAに勝利した試合をどう見た?)作戦勝ちって感じですね。研究して、対策をやりはったんやなあって感じに思いました。ただ正直、自分とやったKANA選手の方が強かったかなと思いました。(決勝戦に向けて、自分に必要なものは?)私は魅せる試合ができなくて、ここ何戦か魅せる試合をしようとチームの代表とか仲間とかといっぱい考えて試合に挑んでるんですけど、全く……10%も5%も出せてないような感じです。でも、120%の動きを出せれば絶対このベルトも獲れると思うんで、あとは魅せる試合をできる自分を早く見つけたいです

(年末年始を返上したと思うが、試合が終わってやりたいことは?)おいしいものを食べたいと思います(笑)。おいしいものを食べないと練習も頑張れないので、リフレッシュしてから切り替えたいですね。

(自分以外では誰のためにベルトを獲りたい?)自分も同じでジムの仲間と師範と家族ですね。昨日KO勝ちした時も、師範が今までに見たことない顔でこっち見て、涙もウルウルしてて、でも『このままじゃ勝たれへんぞ』ってその場で言われて。12年ぐらい一緒にいてパパみたいな感じなんですけど、『切り替えていかないかん』ってすっごい目で言われたんで。家族にも『あと一歩やな』と言われて、いつも一緒に練習してる弟にも『あと一歩やぞ』って、その一言だけですごく重みを感じて、しっかりそれをパワーに変えて、4月は魅せる試合をしたいと思います。

(ファンに向けてメッセージを)自分はリベンジしたい気持ちよりも、チャンピオンになりたい気持ちの方が強くて、一昨年12月の名古屋大会で負けてリングを降りて控室で『格闘技向いてへんわ……』っていっぱい泣きました。悔しい思いしてリングを降りた自分のような気持ちを(相手に)味わわせたいんで、しっかりそれに集中して、ベルトに向けて突っ走るだけなんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録