2021.01.24

 1月24日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.121」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 バンタム級のトップ同士の対戦、そしてプロ無敗対決として注目を集めた松本日向vs壬生狼一輝の一戦は、ノンストップの打ち合いの末に壬生狼に軍配が上がった。
 試合後に現Krushバンタム級王者の吉岡ビギンへの挑戦をアピールした壬生狼は、一夜明け会見でも「次はビギン選手以外は相手がいないと思う」と改めて挑戦表明。「ビギン選手はフィジカルが強くて一発一発も強い。もし試合が決まったらしっかり作戦を立てて戦うので、覚悟しておいてほしいです」と宣戦布告した。

 また記者会見ではプロレスラー大仁田厚さんのモノマネで場を盛り上げた壬生狼だが、一夜明け会見では通常モード。「あまりネタを仕込みすぎると、ネタがなくなってしまうので、一夜明け会見は勘弁してほしいです」と笑って話した。

壬生狼一輝
「みなさん、こんにちは!力道場静岡のやる気!元気!かずきー!!壬生狼一輝です。今回の試合は会見から試合まで課題が残る内容だったかなと思います。試合では練習で出来ていたことが全然できていなくて、30%くらいしか出せませんでした。また前日会見でも大仁田さんの名前を間違えてしまったり、あれはイエローカードでした。

(1Rから相手のパンチは見えていた?)そうですね。松本選手が使うコンビネーションやパンチは事前に試合を見ていて分かっていたので、そこはしっかり見えていました。(どんな戦い方を意識していた?)後ろに下がったら、相手は踏み込みがすごいので、とにかく下がらずに前に出て横に回って攻撃する作戦でした。それもあまり実行できていなかったので、次の試合に向けて直していきたいでし。(採点にばらつきがあったが?)納得のいく判定ではなかったですけど、僕はKO勝ちしたかったです。K-1 JAPAN GROUPでは3戦ともKOできていないので、そろそろKOしなくちゃいけないなと思います。

(K-1 JAPAN GROUPでも無傷の3連勝だが?)次はビギン選手以外は相手がいないと思うので、次はタイトルマッチでいいかなと思います。(吉岡の印象は?)フィジカルが強くて一発一発も強い。もし試合が決まったらしっかり作戦を立てて戦うので、覚悟をしておいてほしいです。(吉岡が出場した王座決定トーナメントは見た?)はい。自分が出ていたらもちろん優勝できていたと思います。(課題克服のために必要なものは?)練習です。あと会見で大事なことは周りの空気にのまれることなく、壬生狼ワールドを作ることです。

(一夜明け会見はネタがないようだが?)一夜明けもネタを仕込んで来ようと思ったんですけど、仕込みすぎるとネタがなくなって、ネタがなくなると試合ができなくなるので(笑)、一夜明け会見は勘弁してほしいという感じです」

 

選手登録