2020.12.18

 12月18日(金)都内にて、開催を明日に控える「Krush.120」後楽園ホール大会の公開計量と前日会見が行なわれた。

 セミファイナルには右手首の病気で、第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントを欠場した斗麗が復帰戦を行なう。対戦相手は今回がK-1 JAPAN GROUP初参戦となる沖縄出身の稲津航大。両者とも無事に計量をパスし、会見に臨んだ。

 Krush Evangelistの石川直生さんからは、先日のK-1両国大会で木村“フィリップ”ミノルを相手に健闘したアビラル・ヒマラヤン・チーターを例に出され、「K-1 JAPAN GROUPに上がるモチベーションによって才能が一気に開花することがあると思うので、明日は今までのデータ以上の戦いを期待したい」と言われた稲津。

 Krush初登場にも臆することなく「試合を自分が楽しんで、そうしたら必然とお客さんも盛り上がると思う」と不敵に意気込みを語った。試合も、「バチバチ殴り合って、どちらかが倒れるまで殴り合いたいですね」と、斗麗と打ち合うことを宣言。「沖縄からいろいろ背負って東京まで来たんで、ただでは帰れないんで、絶対勝とうと思っています」と必勝を誓った。

 対する斗麗だが、欠場中も病気をしてない箇所を使っての練習は続けており、「復帰戦というよりも久々の試合みたいですね」と気負った様子もない。「練習したことをやったら絶対勝てると思うんで、明日はそれをリングで出すだけです」と、自然体で試合に臨むことを強調した。トーナメントの欠場でデビュー5連勝中だった快進撃にブレーキがかかったが、無敗街道が途切れたわけではない。「フェザー級に斗麗あり。それをリングで体現するんで、楽しみにしていてください」と、明日のリングでその再スタートに挑む。

稲津航大
「意気込みは、練習してきたことを出すだけです。(計量で向かい合って、どんな印象を受けた?)印象は変わらないですね。普通に映像を見て強いと思うし、そんぐらいですかね。(Krush初登場でどんなところを見てもらいたい?)試合を自分が楽しんで、そうしたら必然とお客さんも盛り上がると思うんで、バチバチ殴り合って、どちらかが倒れるまで殴り合いたいですね。(ファンの皆様へのメッセージは?)明日は沖縄からいろいろ背負って東京まで来たんで、ただでは帰れないんで、絶対勝とうと思っています。よろしくお願いします」

斗麗
「まずはじめに相手がいてこその試合なんで、稲津選手に感謝して、試合までの間、失礼のないように最高の準備をしてきました。ただ、明日は僕の邪魔する敵をぶっ潰してやろうと思ってるので、皆様ご期待してください。(計量で向かい合って、どんな印象を受けた?)印象はちょっと黒かったですね。僕も日サロ行ったんですけど、負けましたね。(復帰戦ということで今までと違う心境?)いや、怪我してからも左と足で練習してたんで、全然いつも通り、復帰戦というよりも久々の試合みたいですね。楽しみしかないですね。練習したことをやったら絶対勝てると思うんで、明日はそれをリングで出すだけです。(ファンの皆様へのメッセージは?)フェザー級に斗麗あり。それをリングで体現するんで、楽しみにしていてください。皆様、ご期待ください。押忍!」

 

選手登録