2020.09.21

 9月21日(月・祝)、開催を明日に控えた「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN〜K-1秋の大阪決戦〜」エディオンアリーナ大阪大会の前日計量と記者会見が行われた。

 会見の最後に登場したのは、メインイベントでK-1スーパー・ライト級タイトルマッチを戦う王者の安保瑠輝也と、挑戦者の山崎秀晃。揃って登壇した2人は、決戦を前にした心境を語った。

 安保と山崎は2018年12月8日に、今回と場所も同じ、K-1エディオンアリーナ大阪大会でのスーパーファイトで対戦。その年の「K-1 AWARDS 2018」の年間ベストバウト賞を受賞する程の激闘を展開し、試合では安保が勝利した。その後、安保はK-1スーパー・ライト級王座をゲーオ・ウィラサクレックから奪取。ゲーオとのリマッチにも勝利し初防衛を飾ると、今年の3.22「K’FESTA.3」でも不可思を破って、2度目の防衛に成功している。その間、山崎も4連勝、しかもここ3試合は全てKO勝ちという実績を残した。その両者が、今度はK-1スーパー・ライト級王座を懸けて、同じ大阪の舞台で相まみえることになった。

 キャリア10年を超えるベテランの山崎は、今回のタイトルマッチに対し、改めて「集大成だと思っています」と、並々ならぬ気持ちで挑むことを表明。しかし、ただ挑戦するだけで終わるつもりもなく、「試合が決まったからおめでとうとかじゃなくて、勝ってなんぼ。しっかり結果を出して、K-1で生きた証を残したいと思います」と、悲願のK-1王座獲得に向けて、さらに気持ちを高めていた。

 一方、これを迎え撃つ王者の安保だが、「僕はまだまだこれから上に行く男なんでその差を見せつけてやりたい」と、相変わらずの強気のコメント。ゲーオに2連勝したことが、「今となっては大きな財産になりました」と自信になっているようで、山崎のここ3試合での3連続KOという結果についても、「対戦相手のレベルが違うんで、それはできて当たり前。自分のほうが一歩も二歩も上に行っている」と、バッサリと切り捨ててみせた。王者になったことで得た自信は、試合直前となっても揺るがない。「山崎選手は2年前と何も変わってないと思いますね。僕は強くなっているんで、その差を見せつけます」と、圧倒しての勝利を予告していた。

山崎秀晃
「何回も言わせてもらっている通り、自分のやってきたこと全て出して、本当に集大成だと思っていますんで、応援してくれる東京、京都の地元の仲間みんなと、KRESTのチームとファンと家族とみんな背負って、明日は戦いたいと思います。よろしくお願いします。(タイトルマッチに対して並々ならぬ思いがあると思うが、今の心境は?)前回もお話させてもらった通り、やっぱりK-1が好きで、K-1を求めて上京してきて、みんなが僕のことを応援してくれて、この当たり前じゃない環境で戦わせてもらえています。明日、大阪でメインイベント、タイトルマッチやらせてもらえるというのは、凄い感慨深い想いがありますし、試合が決まったからおめでとうじゃなくて、勝ってなんぼやと思ってますんで、しっかり結果を出して、K-1で生きた証を残したいと思います。

(安保の強気なコメントについては?)ファイターとしては当然やと思いますし、僕は相手の心情でどうこう、自分がブレるつもりはないです。俺は俺でしっかりやっていきたいと思っています。(K-1の開催期間が半年空いたことで、今回の試合で世間やファンの人たちに何を伝えたい?)コロナで大会を開催できない期間があって、皆さんも見たいもんを見れないというか。K-1というエンターテインメントを見たくてウズウズされている方もいたと思うんですけど、僕らは日々トレーニングして、修行しながら明日を迎えます。皆さんにはウズウズした気持ちを爆発させるような非日常をしっかりお見せすることが、必須だと思っています。K-1はやっぱりおもろいなと言われるような、最高の大会にしないといけないという使命感は凄く感じていますし、半年ぶりの大会ということで、それがさらに高まっているという気持ちもあります。

(2年ぶりの対戦になるが、改めてお互いの印象は?)もう2年も経っているんで、自分も安保選手も強みも弱みも克服しながら強くなっていると思います。2年前どうこうというよりは、最近しっかりレベルも上がってきていると思いますし、過去は過去で今は今でしっかりぶつかって戦いたいと思っています。(『戦ってきた相手のレベルが違う』という安保のコメントを聞いてどう思う?)別に俺が対戦相手選んでいるわけじゃないし、そこは用意された相手をしっかりわかりやすい形で勝負しているだけやし、俺はもっと早くタイトルマッチをやりたい気持ちでいました」

安保瑠輝也
「僕も何回も言ってますけど、相手は集大成と言ってこの勝負に挑んでくるんで、僕はまだまだこれから上に行く男なんでその差を見せつけてやりたいと思っています。(地元の関西でメインイベント、チャンピオンとして戦う心境は?)昨年末に名古屋大会でメインイベントを1回やらせてもらったんですけど、ゲーオ選手との再戦で、自分が望んでいる結果にはならなくて、2連勝はできたんですけど、メインベンターとしての難しさは重々前回で感じました。だから今回はスッキリさせる。そこでのリベンジだと思っているんで、相手どうこうは一つも思っていないですね。

(今回の試合のテーマは差を見せて勝つ姿が求められると思うが、どういう内容の試合を見せたい?)やっぱりわかりやすいKO決着、それを自分は求めています。で、みんなも求めていると思います。山崎選手は今のK-1立ち上げ当初からやってきた選手で、そういった面では自分が一度格闘技から離れて、また戻ってきた頃から第一線でやっていて、凄く尊敬もしていました。ただ、そういった想いがあるから獲れるベルトではないんで、それを明日ははっきり分からせてやろうと思います。それを分からせて、そこから自分が行きたい方向性、自分がやりたいマッチメイク、それをその場で発言させてもらいます。(K-1の開催期間が半年空いたことで、今回の試合で世間やファンの人たちに何を伝えたい?)やっぱり山崎選手との試合は2018年の年間のベストバウト賞をいただきましたし、お互いバチバチ行くタイプの選手なんで、それは自然と喜んでもらえるような試合になるんじゃないでしょうか。なんで、僕は僕で仕事しますし、山崎選手は真っ向勝負でくると思うので、それを楽しみにしていただければと思います。

(2年ぶりの対戦になるが、改めてお互いの印象は?)僕は正直、山崎選手は2年前と何も変わってないと思いますね。僕は強くなっているんで、その差を見せつけます。(どのあたりが強くなっていると思う?)やっぱり判定決着でしたけど、ゲーオ選手との2連戦は僕にとって、今となっては大きな財産になりましたし、前回の3月22日も2度目の防衛戦もクリアしましたし、表面上の結果でいえば山崎選手は3連勝しているんですけど、それはいろんなところで言っている通り、対戦相手のレベルが違うんで。それはできて当たり前かなと思っているんで、そこは自分のほうが一歩も二歩も上に行っているんで、それを何回も言いますけど、明日分からせてやります」

 

選手登録