2020.07.12

 7月12日(日)都内にて「Krush.114」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合で新美貴士を判定で下し、デビュー以来の連勝を4に伸ばした岡嶋形徒。試合は終始優勢に進めており、セコンドにも「やってれば(相手が)勝手に倒れる」と言われていたというが、結果は判定勝利。「また判定だったなって感じ」と自嘲気味に振り返った。

 課題は「もっとパワーをつけて、ストレートをうまく当てられるように」と自己分析。今後の目標を問われると「倒します」と言い切った。さらに最後には「この階級では結局俺が一番強い」と自信の発言も。K-1アマチュアから「格闘代理戦争」で活躍、そしてプロでも連勝中と順風満帆のルーキーが“覚醒”する日は近いか?

岡嶋形徒
「(昨日の試合を振り返って)昨日の試合は『また判定だったな』って感じです。(序盤から優勢に進めていたが、『倒さなきゃ』という焦りがあった?)倒そうとは思ってなかったんですけど、ジムの代表とかにも『やってれば勝手に倒れるよ』って言われてたんですけど、倒れなかったです。

(それを踏まえてどう感じた?)もうちょっとパワーをつけて、ストレートをうまく当てられるようになろうと思ってます。(今後の目標は?)倒します。(ファンの皆さんへメッセージを)この階級はけっこう強い選手も多いんですけど、結局俺が一番強いんで、応援よろしくお願いします」