2020.06.26

 6月28日(日)新宿FACE「Krush.113」の[Krushライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で行われる王者ゴンナパー・ウィラサクレックvs挑戦者・篠原悠人。この一戦をゴンナパー・篠原涼選手と対戦経験のある大沢文也が予想!

「ゴンナパーは正直そんなに蹴りは痛くなかったんですよ、スピードも遅いし。ただパンチが予想以上に重くて『え、こんなに重いの!?』と思いました。蹴りは全然大丈夫だったんですけど、パンチの重さが想定外でした。篠原戦はお互い何もしてないクソ試合だったんですけど(苦笑)、篠原くんは『相手がこう来たらこう返す』ということをものすごく考えている選手で、それは実際に対峙して感じましたね。

(常に何かを狙われてる感覚?)そうですね。簡単に手が出せなかったですね。例えば試合中に『この攻撃を出したら、これ返してくるんじゃないかな?』と思いながら軽く技を出すと、僕が思っていた通りの攻撃を出してくるんですよ。篠原くんはずっと相手をイメージした練習をしているんだなと思います。

(勝敗予想は?)今回は正直ゴンナパーが勝つかなと思います。1Rで決着がつくなら篠原くんかなと思いますけど、長引けばゴンナパーかなって。ゴンナパーは1月の横山(巧)戦でも1Rはめちゃくちゃ顔のガードを固めてたじゃないですか。序盤はああいう感じでガードを固めて蹴っていくんじゃないですかね。それでも篠原くんが用意してきた一発を当てたら、篠原くんが持っていくと思うんですけど、今回はゴンナパーも相当警戒していると思うので。ゴンナパーの方がやや有利かなと思います。

(勝敗予想とは別でどちらと戦いたい?)ゴンナパーですね。やっぱり(Krushライト級)タイトルマッチで負けた相手なんで。僕は篠原くんにも負けてますけど、篠原くんに負けた場所はK-1なので、負けた場所でリベンジするのが筋じゃないですか。なのでKrushではゴンナパーに、K-1では篠原くんにリベンジしたいです」