2020.03.27

 4月4日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.10」の[第5試合◎K-1選抜vs格闘代理戦争・三将戦/KHAOSライト級/3分3R・延長1R]で対戦する梨緒弥と大関敬真のインタビューを公開!

梨緒弥(若獅子会館 MATSUBARA/K-1選抜)

──今回の試合のオファーを受けた時の率直な心境はいかがでしたか?

「前回の試合が終わって、すぐ試合やりかったんで、組んでくれてありがたかったです」

──今回は格闘代理戦争とK-1選抜の対抗戦になりますが、格闘代理戦争はご覧になってましたか?

「そんなにしっかりは見てなかったです」

──格闘代理戦争という企画に対してはどんな印象がありますか?

「色んな選手が出てきていいなと思ってました。昔は自分も出てみたいと思ってましたけど、K-1 JAPAN GROUPに呼んでもらえてからはそんなに思わなくなりました」

──今回のK-1選抜は全員がK-1アマチュアか甲子園、カレッジの優勝者で選ばれていますが、K-1のアマチュア大会からデビューしてキャリアを積んできた選手として、格闘代理戦争の選手には負けたくないといった対抗意識はありますか?

「そういうのはあんまりないですけど、一選手として負けたくはないです」

──プロの舞台で戦ううえで、実力で自分の強さや存在感を見せて行きたいと思いますか?

「そうですね。プロの試合になったらキャリアとか関係ないんで、しっかり倒していけたらいいなと思ってます」

──対戦相手に対してはどんな印象を持ってますか?

「名前を聞いた時に調べたんですけど、パンチと蹴りが上手くはないけど一発一発が重いなって感じです。僕も上手くないですけど一発一発は力があるんで似たような感じかなと思ってます」

──こういった企画の試合なので普段の大会の試合よりより注目されるとは思うんですけど、どんな試合をお客さんに見せたいですか?

「もう絶対KOっすね。相手も僕も倒せるパンチ持ってると思うんで」

──倒すことやKOにはやっぱりこだわりがありますか?

「今まではそんなになくて勝たなあかんとしか思ってなかったんですけど、今はもう絶対KOして知名度上げて行きたいなって思ってます」

──そこも2020年はどんな目標を持って戦って行きたいと思っています?

「全勝全KOしたいですね」

大関敬真(BOXING-WORKS水龍會/格闘代理戦争/ゲーオーズ)

──今回のデビュー戦のオファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「いやー、やっと来たなって感じでしたね。プロデビュー戦でバコーン!と印象に残る試合をして、Krushの本戦にぶち込んで行ければなと思います」

──格闘代理戦争に出てすごく変わったと思うんですけど、出る前と出た後では何が一番変わりましたか?

「出たことによってこんなにも自分より強い選手がいるんだなと思って、練習の励みになりました」

──どういったところが一番励みになりましたか?

「格闘代理戦争で世に出させてもらって、プロデビュー戦も他の人とちょっと違う形で印象強く出来るってことで、ここでヘマをしたら格闘代理戦争の株が落ちると思います。しっかり準備しようと思って毎日練習してます」

──対戦相手にはどんな印象を持ってますか?

「5戦4勝と戦績も良くて、そんな良い選手とやらせてもらえるっていうのは、やっぱり期待されてるんじゃないかなと思います。しっかりここ倒して次のステップに進みたいですね」

──K-1選抜はK-1のアマチュア大会で実績を残した選手が選ばれていて、代理戦争のメンバーは今回デビューする選手たちですが対抗意識みたいなものはありますか?

「格闘代理戦争は1日に何Rもやるような過酷なルールだったんで、そういう気持ちの強さは磨かれました。試合としてはアマチュアなんですけど、アマチュアとは違う空間だったし、プロと近いような形でやらしてもらって、そこで培ってきたものを活かして、みんなに見せられればなと思います」

──ここから本格的にプロのキャリアがスタートして行きますが、プロの選手として目指しているもの、目標にしているものはどんなものがありますか?

「やっぱり倒せなきゃお客さんは付いてこないんで、しっかりと倒せるような選手になりたいです」

──代理戦争からずっと見てるファンの方も今回のデビュー戦を見ると思います。そういった人たちにはどんな試合を見せたいと思っていますか?

「自分らしい爆発力のある試合、前に進むそのファイトスタイルでKO勝利を見せたいと思います」

 

選手登録