2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 昨年11月の第3代K-1フェザー級王座決定トーナメントで鮮やかなKO、倒し倒されの激闘を演じるも、決勝では江川優生の剛腕に沈んで涙を飲んだジャオスアヤイ。今大会では復活をかける小澤海斗と激突し、またも倒し倒されの熱戦を展開。最後は2度目のダウンを奪った右ハイキックで小澤の唇を切り裂きTKO勝ちを収めた。

 ジャオスアヤイは「昨日は自分がやるべき仕事が出来た」としながらも「K-1ルールに徐々に慣れてきたけど、ボクシングスキルがまだ足りない」とK-1で勝っていくための改善点もしっかりと分析。その上で「江川に関しては、リベンジする機会があればぜひリベンジさせてもらいたい」とトーナメント決勝で敗れた江川へのリベンジを希望した。

「今はとても嬉しい気持ちで一杯だ。昨日は自分がやるべき仕事が出来たし、試合も自分が思った通りになった。(小澤選手の印象とK-1ルールでの手応えは?)相手は本当に強い選手だった。速かったしパンチも重かった。K-1ルールには徐々に慣れてきたが、まだまだ直さないといけない部分がたくさんあると思う。(具体的に改善点を挙げるなら?)ボクシングスキルがまだ足りないと思っていて、自分はムエタイ選手なのでまだムエタイの戦いが染みついている部分があります。70%ぐらいはK-1ルールに適応出来てきたかなと思う。

(スーパー・バンタム級でも戦えるように見えるが、それよりもフェザー級で江川にリベンジしたい?)体重に関しては今のフェザー級ぐらいの体重が良い。江川と再戦する機会があれば、ぜひリベンジさせてもらいたい。(次のK-1まで間隔が開くが、タイでムエタイの試合は並行してやっていく?)次の試合は決まっていないので、タイに戻ってから会長と相談して決めたいと思う。

(昨日戦ったとは思えないぐらいきれいな顔をしているが、いつも顔はそんなに傷つかない?)今回の試合に関してはダメージはほとんどない。いつもはもうちょっと顔に傷が出来るけど、今回はたまたまです」