2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 玖村将史はスーパーファイトでプロ無敗の金子晃大と対戦。結果は判定2-0で金子に初黒星を与えると共に、兄・修平の敵を取った。

 一夜明け会見で玖村は「やっと“金子幻想”を打ち砕くことができた」とコメント。そして、昨年6月のK-1両国大会で敗れている、K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹への挑戦を見据え、「新しい外国人とやるよりも、絶対に自分とやったほうが盛り上がると思う。僕もやりたい選手がいないので、早くリベンジしたい」と宣言した。

「昨日は応援ありがとうございました。やっと“金子幻想”を打ち砕くことができたかなと。やっと実力を証明できたかなと思ってます。(相手の印象、勝因は?)強かったです。でも、構えたときにいけるな、自分の方が上やなと思ったんで。向こうも警戒してるの分かったんで、入ってこれないんだろうなって、やってて思いました。

(ボクシングスキルで上回っていたと思うが、試合に向けて強化していた?)今回はけっこう蹴りも練習していて、どっちでもできるようにしてたんですけど。まあ、パンチが思う以上に当たったんで、パンチばかりになっちゃって。そこが課題だなと。もっと蹴りも出せるように。蹴りでも完封できるしようかなと思います。

(これで武居選手に続くNo.2の位置を確立したと思うが、あらためて今後の目標は?)向こうもやる相手がいないと思いますし、新しい外国人とかとやるよりも、絶対に自分とやったほうが盛り上がると思うし。僕もやりたい選手がいないので、早くリベンジしたいです。

(試合後にお兄さんとは?)普段どおりの会話というか、あんまり覚えてないです。そんなに深い会話はしないと思います(笑)。(お兄さんは弟の勝利を信じていた?)そうですね。なんか、AbemaTVの裏側の解説をやってたみたいなんですけど、試合の前の映像を見ているくらい、安心して見れたって言ってたんで、そんな感じだと思います。あと、悔しいって言ってました」

 

選手登録