2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 K-1初代女子フライ級王者のKANAは、スーパーファイトでイタリアのグロリア・ペリトーレを迎撃。1Rからプレッシャーをかけ続け、グロリアのクリンチから身体を離そうとしたところに右フックを叩き込み、豪快なKO勝利を収めた。

 世界のトップファイターを一蹴したKANAは「練習どおり、そのままスパーリングの延長線上みたいな感じで試合に入れたのが勝因」と快心の勝利を振り返った。そして、この一戦を世界の強豪も注目していたのを踏まえ「K-1の王者は強いことを証明したい。海外でも試合したい」と今後の展望を語った。

「昨日は結果的にKOで勝てて、本当によかったですね。いいスタートが切れました。(相手の印象、試合の感想は?)グロリア選手は一回級上のISKAの世界チャンピオンで、基本的には53~55kgくらいでやってる選手なんで、プランの中では3Rしっかり使ってKOにつながればいいなって考えて。本当に世界のトップ選手と拳を合わせてる選手なんで、凄い対策もしたし、直前まで海外から選手を呼んでスパーリングできたっていうのも、勝利につながった一つでもあって。本当に練習どおり、そのままスパーリングの延長線上みたいな感じで試合に入れたのが勝因かなって思います。

(離れ際のKOは狙っていた?)そうですね、右のオーバーハンドっていうのをずっと練習していて。自分の中では綺麗なカウンターで倒したかったんですけど、やっぱオフェンスしている中の流れで、自分の攻撃でKOにつながったのはよかったと思います。やっぱ、昨日の試合を見ても、まだまだディフェンス能力だったり、まだまだ課題がたくさん見えたんで。これからやっていくことが、明確に見えましたね。

(今後戦っていきたい選手は?)昨日、試合終わってからGLORYのアニッサ(・メクセン)選手とか、ティファニー(ヴァン・スースト)選手とかからも『おめでとう』っていうメッセージが来たりして。本当に世界のトップの選手が、この試合を気にしてくれてたっていうのが、自分の中で大きいポイントで。最終的にはアニッサ選手と試合したいなっていうのがあって。K-1のチャンピオンは強いっていうのを、世界にこれからもどんどん証明していかないといけないんで。このK-1の王者として、この日本でも試合したいですし、海外でも試合したいなっていうのが、自分の中であります。

(今後練習したい国、環境は?)やっぱりアニッサ選手だったりティファニー選手だったり。実際、直接アメリカやタイとかに行って、一緒に練習して、本当にコッチではできない強度の高さでスパーリングができるんで。日本だと、同じ女子の選手でキックボクシングルールでスパーリングをバチバチできる環境があまりないんで。これからも海外で、そういういろんな選手と拳を合わせて。この52kgっていう階級ですけど、これからは海外の上の階級の選手が落としてきて、体格差が大きい相手がどんどん挑戦してくると思うので。何で勝てるかっていうのを自分でしっかり考えて、これからにつなげていきたいなと思います」