2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会ではタイのデンサヤーム・アユタヤファイトジムと対戦した武居由樹は、判定で勝利したものの自身が目指したKO勝ちには至らず。これでムエタイ戦士相手に3連続の判定勝ちとなってしまい「気合いを入れ直すため」坊主姿となり会見に現れた。

「昨日は本当に会場でもAbemaTVでもすごいたくさんの人に応援してもらったのに、つまらない試合をしちゃって本当に申し訳なかったと思います。デンサヤーム選手も本当に上手い選手で強かったです。昨日は本当にああいうパッとしない試合をして、これがもう2戦も続いちゃって本当に会長にすごい怒られたのでしっかり気合いを入れ直すため坊主にしました。

(デンサヤームは)リーチの長さとかはあって、リズムとかもなんとなく分かっていたんですけど自分自身が対策してきたことを全く出せなくて、メンタルの部分でちゃんとできていなかったのかなって思います。自分がちゃんと仕上げ切れていなかったのが原因かなって。だから何ていうんですかね、“デビューした時の方がもっといい動きをしていたんじゃないか”って思うぐらいの動きの硬さだったので、もう1回自分のことをよく考えて次の試合に臨みたいと思います。

 タイ人選手と3人やって、ほんと明確に、勝ち切ったって自分でも言えるのかっていうと本当に難しいので、そういう試合をできるまでやる、タイ人選手と戦う必要はあるなと思うので、どんどんタイ人選手とやらなきゃいけないなと思います。

 次の試合のこととかはまだ全然考えていないんですけど、そういうことは全部会長やジムのみんなと相談して、玖村(将史)選手はこの前倒したばっかりだと自分は思っていたので、それよりやるなら他の選手かなって思っています。坊主は……いつ以来ですかね。Krushでオープニングに出ていた時とかそれぐらいぶりなので、もう5年ぶりぐらいになるんじゃないかと思います。(坊主は自分で似合っていると思うか?)いや、どうですかね。みなさんどう思いますかね? でも、もうこういう頭にならないよう、次からはしっかりやりたいなと思っています」