2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 K-1スーパー・フェザー級王者にしてK-1三階級王者の武尊は、当初、ISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフと史上初のK-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチが予定されていたが、ブアフフが急遽欠場。それを受けて、ムエタイのBBTVスタジアム認定フェザー級王座の戴冠歴を持つペッダムと、スーパーファイトで対戦し、2Rに怒涛の連打を見せ、最後は左右のフックでKO勝利を飾った。

 この一戦について武尊は「二年連続、ムエタイのトップファイターと戦うことができて、凄くいい経験になった」とコメント。さらに「ISKAというベルトはずっとほしかったベルトだし、K-1のチャンピオンの価値を高めるためにも獲っておきたい」と、ブアフフとのダブルタイトルマッチの早期実現を望んだ。

「昨日は『K'FESTA.3』というK-1の年に一度のビッグイベントで、ダブルタイトルマッチはできなかったんですけど、僕的には2年連続で、ムエタイのトップファイターと戦うことができて、凄くいい経験になりましたね。

(昨日の試合後のコメントについては?)格闘技最高って言わせてもらったんですけど。試合のこともあるし、プラス、今回は日本だけじゃなく、世界でこういう状況になってる中で、格闘技っていうのは人にパワーを与えられるスポーツだと思って言わせてもらいました。僕がK-1代表というのは変わらないし、K-1を背負って戦うというのは変わりません。

 その立場として、自分がやりたい試合を実現させることが、僕がやってきたことの証明だと思います。そのために僕がやることはたくさんあると思うんで、それを全力でやっていくだけかなと思うのですけど。それはいままでと変わらずっていう感じですね。

(その願いを叶えるための大会を開いてほしい?)そうですね。こういうときだからこそ協力しあって、格闘技というジャンルで世界にパワーを発信でいたらいいんじゃないかなって思いますね。

(ブアフフとのダブルタイトルは早いうちに実現させたい?)そうですね。今回、ブアフフ選手との対戦のために、何カ月もかけてやってきたんで。ISKAのベルトはずっとほしかったベルトだし、K-1のチャンピオンの価値を高めるためにも獲っておきたいベルトだったんで。近々、試合が実現できたらいいなって思ってます。

(初上陸の福岡には出たい?)そうですね。やっぱり、まずは日本全国にK-1という舞台を知ってもらいたいんで。僕も試合でそれを見せていきたいなっていうのはあります。

(レオナ・ペタス選手から執拗な挑戦表明については?)強い選手だと思うし、実力をしっかり昨日示したと思うので。そういう状況になれば、しっかり叩き潰したいと思います。でも、僕はいま、K-1のベルトの価値を高める試合をしていきたいという気持ちもあるんで。それと折り合いがついて、いいタイミングがあればそれを証明したいなと思います」