2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 第3代K-1スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに出場した木村“フィリップ”ミノルは1回戦で海斗、準決勝でエダー・ロープス、決勝で和島大海をいずれも初回KOで降して完全優勝。第3代王者の座をものにした。

 これで昨年から継続する連続KOを9に更新した木村は「昨日は1日中ゾーンの中にいた感じで、めちゃくちゃ調子よかった」と戦いを振り返り、マラット・グレゴリアン、チンギス・アラゾフといった歴代王者との戦いにも意欲を示した。

「昨日は1日中ゾーンの中にいた感じで、めちゃくちゃ調子よかったです。試合に関しては“どうやったら倒せる”かがファーストコンタクトで読み取れるようになってきて。なんか安心感があって、自分を信じることができました。

 運的な要素も全部僕の方に来ていたと思うし、そういう風に環境的にもめちゃくちゃ獲りやすい状況になっていましたね。みんな結構ダメージが溜まっているのも見ていたし、僕は結構サクっと勝つことが多かったので、それはトーナメントにおいてはめちゃくちゃデカいですね。(試合を振り返って)海斗選手との試合が1番緊張感というか怖いっていうのがあったので、その後は全部楽でした。

 このベルトを持っていたチャンピオンたちがだいぶ強いし、偉大な選手たちなのでそれに並ぶじゃないけど、その価値を落とさないためにもこのベルトを守る活躍というかそういう任務は果たしていかないといけないのかなとは思っています。

(第2代王者のチンギス・)アラゾフはちょっと苦手なタイプだけど、(初代王者のマラット・)グレゴリアンは今すぐにでもやりますよ。そういう風にして、もっともっとかき乱すじゃないけど、70㎏もすごい状態にしたいですね。世界各地の王者がみんな集まってK-1のタイトルを争うという状況に持っていきたいです。

(前日会見に出て来なかったのは)もちろん作戦です(笑)。ちょっと体調が悪かったのはあるんですけど、大体が作戦ですね。やっぱりトーナメントで1人だけ体調不良でいないってなるとみんなも“あれ?”ってちょっとザワつくじゃないですか。そうしたらみんなのマインドに僕のことが刷り込まれるので、僕の日になりやすいですね。なんか色々そういう要素もあって、実際に体調悪かったですけど(苦笑)、いない方がいいかなって。そこで喋るよりはみんなより早く帰って回復に努めた方がいいかなっていう。やっぱりトーナメントなんでズルさ、そういう賢さも必要かなって(笑)。

 久保くんと一緒にベルトを獲れたのは感慨深いですよね。最初はずっとお兄さんとして、兄貴として面倒を見てもらって、試合することもあって特別な関係、他の誰かと築こうと思っても築けない関係がもうできているので2人でベルトを持ってリングで会えた瞬間はめちゃくちゃ嬉しかったですね。

(久保)優太くんはずっとトーナメントの1回戦から準決勝、決勝って行く前に全部ちょっとした気持ちのアドバイスとかそういうのをくれていたので、優勝した後はシンプルに『おめでとう』って言ってくれましたね。『やったね』って。

 終わったあとリング下に降りて魔裟斗さんが声を掛けてくれて、『なんでそんなに強くなったの?』って言ってくれて、『スゴいね』と言ってくれて、その後にボクシングの世界チャンピオンのホルヘ・リナレス選手も試合を見に来てくれていたので、その2人に真ん中で写真を撮った時はめちゃくちゃ感慨深いっていうか、めちゃくちゃなんかテンション上がりました。子どもに戻りましたね。世界チャンピオンとK-1の世界チャンピオンに囲まれて写真を撮っている感じは何よりもお祝いですね、僕にとっては」