2020.03.12

 3月28日(土)東京・後楽園ホール「Krush.112」の[Krushバンタム級/3分3R・延長1R]で吉岡ビギンと対戦する晃貴のインタビューを公開!

──昨年11月に防衛戦に敗れてからの再起戦になります。試合に敗れた後の日々はどんな心境で過ごしていましたか?

「ベルトを獲られてすごい悔しくて、早く獲り返したいって気持ちで一杯ですね」

──その中で普段の生活やトレーニングで意識的に変えたことは何かありますか?

「会見でも言ったんですけど、僕は本当にK-1のトップファイターになりたいんで、普段の生活や食事から気をつけるようになりました」

──武尊選手も体に悪いものは一切食べないそうですが、そういうところも徹底的に見習ってという感じですか?

「そうですね。武尊くんを見習って真似してます。武尊くんからも食事のアドバイスももらったりして『こういうものは食べない方が良いよ』など教えてもらっています。あとは自分で本を読んで勉強してます」

──そういったストイックな生活をして、身体の面で変化を感じたところはありますか?

「自分は通常体重がすごい多かったんですけど、今はそこまで増えないようになりました。通常体重が軽くなると身体の調子は常に良いですし、今までよりも良い練習が出来ています。佐々木選手に負けたことは悔しいですが、あの試合で成長できました」

──昨年は1月にベルトを獲って初防衛戦にも勝利して、一気に上がった後に後半は2連敗と悔しい思いをしたと思います。振り返ってみてどうでしたか?

「Krushでタイトルも獲れたしK-1も出れたし良い経験をしたんですけど、今は2連敗中で……。本当に良い経験ができたと思うし、今年はもっと上に行けるようになります」

──今回対戦する吉岡選手は昨年Krushに参戦したばかりですが、改めて彼の印象はいかがですか?

「自分が負けてる蒼士選手に勝ってるんで強い選手ですよね。必ずやることになると思っていたんで、準備はしてました」

──吉岡選手のファイトスタイルを見て、自分とやったら面白くなるだろうなとか、そういった楽しみはありますか?

「絶対打ち合いになると思ってますが、自分が勝ちます。何が何でも勝ちます」

──同じ大会では佐々木洵樹選手とサンベル・ババヤンのタイトルマッチが行われます。晃貴選手は2人に敗れていますが、あの試合が決まった時はどんな気持ちでしたか?

「会見を見た時に悔しかったですね。自分がリベンジしたいと思っていた選手(ババヤン)が、自分からベルトを獲った選手(佐々木)とやるというのが本当に悔しかったです。タイトルマッチには絶対負けたくないし、自分がインパクトを残します」

──今年最初の試合になりますが、この試合に勝って2020年をどんな年にして行きたいですか?

「この試合に勝って今年中にタイトルを獲り返して、K-1に出たいです」

 

選手登録