2020.03.12

 3月12日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、4月25日(土)東京・後楽園ホール「Krush.113」の第2弾対戦カードが発表された。

 スーパー・ライト級で斉藤雄太vs大泉翔の個性派対決が実現した。エステサロンの経営者という顔も持ち、そして堀井翼の“フラッシュバック”の最初の犠牲者になったことでも脚光を浴びた斉藤雄太。今大会で昨年11月のKrushで泰斗にKO負けを喫して以来の再起戦を迎えた。

 対する大泉はプロボクシングから転向し、2戦目でいきなり木村“フィリップ”ミノルとの一戦に抜擢されるなど注目を集めるも、結果は3連敗。初勝利を挙げるためにスーパー・ライト級に階級を落として今回の一戦に臨む。

 ファイトスタイル的にも倒し倒されのKO決着が期待されるこの一戦。会見では大泉が「今年はメルヴィン・マヌーフみたいなえげつない倒し方をして暴れようかなと思います」とKrushのリングで猛獣ぶりを発揮すると豪語。

 対する斉藤は「僕の試合は倒し倒されでほとんどKO決着になるんですけど、本当は自分は相手の攻撃をもらいたくない(苦笑)。今回こそはもらわらずに自分だけ当てる試合にしたい」と大泉の剛腕を空転させてKOすると宣言。さらに斉藤は「KO勝ちしたらお得なキャンペーン打ちます!」とエステサロン経営者として宣伝も怠らなかった。

大泉翔
「去年はちょっと悪夢の一年やったんですけど、今年は最高の年にしようと思ってます。そろそろ勝たんと嫁に『実家帰る!』言われてるんで。すいませんけど倒させてもらいます。(対戦相手の印象は?)攻撃的なハードヒッター。それと(堀井翼の)フラッシュバック犠牲者第一号ってイメージですかね。(KO決着が期待されているが、どういった試合で締めたい?)K-1が僕に『浪速の猛獣』ってニックネームをつけてくれてるんですけど、全然猛獣らしくなくて『お前は柴犬や!』って言われるんで(苦笑)。今年はちょっと僕の目標のメルヴィン・マヌーフみたいなえげつない倒し方をして暴れようかなと思います。

(階級を下げた理由は?)ウェルター級でやってて、やっぱり相手がでかいからパワーも負けてるし、僕ボクシングの時は63.5kgでやってたんですよ。今の僕のベストは65kgかなと思うんで落とそうかなと思いました。65kgには4年振りぐらいに落とすんでちょっと心配ですけど、早め早めに落として、最後は微調整ぐらいで出来たらええかなと思ってます。(厳しい試合を経験して学んだことは?)海斗選手は僕との試合の後ですけど、3人ともK-1のトーナメントに出場経験のある選手なんで。その圧力や技術だったり色んな面で経験出来てるし、K-1の大阪という大舞台で試合が出来たのも良かったかなと思います。

(斉藤のエステアピールを受けて)僕もSHOW TIME GYMをオープンする予定なんでよろしくお願いします(笑)!(ファンのみなさんにメッセージは?)今回から65kgでやるんですけど、今までちょっと身体が重たかったって部分もあるんで、階級を落としてスピードとかも活かせるかなと思います。新しい大泉翔を楽しみにしててください。4.25翔タイム!」

斉藤雄太
「4月25日の試合が決まったので、今年はお花見出来そうにないです。その分試合に勝って、試合の後の祝勝会で飲みたいなと思います。(対戦相手の印象は?)元プロボクシングの西日本新人王の選手でチョコボール?じゃない、チョコボーイで戦ってた人。計量の時にちょっと衝撃的なエッチなビキニを履きながら『翔タイム!』って言ってる人ですね。

(KO決着が期待されているが、どういった試合で締めたい?)僕の試合は倒し倒されでほとんどKO決着になるんですけど、本当は打ち合いの倒し倒されしたいんじゃなくて、自分は相手の攻撃をもらいたくない(苦笑)。今回こそはもらわらずに自分だけ当てる試合にしたいなと思います。(嫁に『負けたら実家に帰る』と言われている大泉に贈る言葉は?)残念ながら僕も勝たせてもらうんで、今回は謝って実家に帰らないでと説得して、次の試合にかけてもらえれば、と思います。

(ファンのみなさんにメッセージは?)楽しい試合はすると思うんで注目して見ていてください。もしKO勝ちしたらうちのエステサロンでお得なキャンペーン打ちます!」

 

選手登録