2020.03.07

 3月7日(土)神奈川・K-1ジム相模大野KRESTにて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者シナ・カリミアンと対戦する挑戦者・愛鷹亮が公開練習を行った。

 前回は肩車をしたミット持ちを“仮想カリミアン”に見たてて豪快にパンチを振るい度肝を抜いた愛鷹だが、今回は“仮想カリミアン”が何と7体に増殖。7体の“仮想カリミアン”を順に並べると、ジムメイトたちが持つミットめがけて次々と右フックをぶち込んでいくド迫力の公開練習に。「今日の公開練習はカリミアン選手の顔の高さに合わせたミット打ちで、前回もやらせてもらったんですけど、試合だと実際にあのぐらいの高さで殴ることになるんですよ。ふざけているんじゃなく、本当にリアルな感じで行けそうです」と愛鷹自身も“仮想カリミアン”軍団を相手にイメージが固まったと話す。

 今回のタイトルマッチが決定すると同時に、カリミアンが軽量級でK-1を席巻するPOWER OF DREAM(以下POD)への移籍が発表されたことも大きな驚きを与えた。愛鷹はカリミアンの進化に警戒しつつも、倒しにいく姿勢に迷いはない。
「カリミアン選手がPODに移籍したのは驚異だと思います。PODは強い選手が多くて古川会長の教え方にも定評があるので。すごく進化してくると思いますが、だからといって特別彼に対して対策を変えることはないです。今まで通りの戦い方で、今回もガンガン前に出て殴っていこうかなと思います。まだPODに入って1か月ぐらいだと思うし、人間そんなすぐに進化出来るものじゃない。今後は脅威になると思いますが、今回に関して言えば、そんなにPODに移籍したことは重視していないです。

(今回はどういった結末をイメージしている?)KO決着というのは自分の中でイメージしていて、カリミアン選手はリーチもあって技も多彩な選手なので、判定で勝つのはなかなか難しいのかなと思います。前回は勝ちましたけど、今も彼がチャンピオンであり、トーナメントを勝ち抜いた強豪であることは変わりません。自分はチャレンジャーとして思いっきり突っ込んで倒すだけですね」

 ヘビー級も含めて決して日本人の層が厚いとは言えないクルーザー級。愛鷹はそこで日本人としてK-1チャンピオンになることに重大な使命感も感じている。

「日本人が重量級でベルトを獲ることはすごく意味のあることだと思います。どうしても体格差で(日本人は)外国人には勝てないと言われてますし、実際に日本人の中にも潜在意識としてそういう気持ちがあると思うんですよ。自分がここでベルトを獲れば、それを壊せるんじゃないかな、と。そういう意味でも、大きな意味のあるタイトルマッチだと思ってます」

 記者からの「PODに移籍して向こうもオーバーハンドの対策もしてくるのでは?」という指摘に対しては「もちろんオーバーハンドに自信があるので狙ってはいくんですけど、それを当てるための過程になにをするか。オーバーハンド以外でも倒せる技を持っているので、それをどう当たるかも考えています」と右オーバーハンドを当てるためのセットアップと他の技との連携が重要になってくると分析する。

 また愛鷹は「格闘技は個人競技だけど、一番大事なのはチームの力。PODという結束の固いチームで入ったことによってセコンドの力も含めて全ての点においてパワーアップしているはず。彼がPODに移籍する前は1Rから変わらず攻めてくると思っていましたけど、今回はリーチを活かした戦いをしてくるのかなと思います」とカリミアンの変化も予想しつつ「リングのなかは限られた空間での戦い。ロープがあるし、そこまで攻め込んでぶん殴ってやります」と自らの戦い方を曲げるつもりは毛頭ない。 

 インタビューの最後に「もちろんこの『K'FESTA』の中で一番面白かったと言ってもらえるようなタイトルマッチにしたい。自分が必ず勝って日本人の重量級の一番星になります」とこの一戦にかける想いを語った愛鷹。再びカリミアンをマットに沈め、K-1のベルトをその腰に巻くことが出来るか?