2020.03.02

 3月2日(月)東京・K-1ジム目黒にて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]でエダー・ロープスと対戦する神保克哉が公開練習を行った。

 初の「K'FESTA」参戦で王座決定トーナメント出場のチャンスを掴んだ神保。公開練習では同門・伊藤健人の持つドラムミットめがけて右オーバーハンド、左フック、左ボディフックの連打を豪快に打ち込み、最後まで手を緩めることなく強打を放ち続けた。

 今回のトーナメントに向けて神保は「生活習慣から見直してきたんでコンディションはバッチリだと思ってます」。これまでの神保は「格闘家とは思えないぐらい生活習慣が悪過ぎた。毎日朝まで遊んで練習して…それが日常だった」と言うほど荒れた生活を送っていた。

 しかしその誘惑もすべて断ち切り「今は遊ぶ代わりに朝走って練習して…単純にコンディションが良くなりましたね。今回のトーナメントにはそれだけかけてるんで、生活習慣も大事だなと思ってやってます」と人生最大のチャンスにかける。

 昨年の神保はKrushでジョーダン・ピケオー、中国遠征でハン・ウェンバオ、そしてK-1横浜大会で城戸康裕と国内外のスーパー・ウェルター級トップファイターと対戦を重ねた。しかし結果は3連敗。ピケオー戦とウェンバオ戦は本人も手応えを感じた部分もあったが、城戸戦はバックブローによるKO負けを喫した完敗だった。神保はあの敗戦を「単純に考えすぎちゃったかな」と振り返る。

「城戸戦は単純に考えすぎちゃったのが一番っすかね。最近は良い意味の“若気の至り”を忘れてるんで、次はそれを思い出してトーナメントにぶつけたい。結果が出なかった試合は技術どうこうよりは(心理戦で)相手の作戦に乗っちゃったかなっていう感じですかね」

 城戸戦のKO負けでメンタル面も吹っ切れたのか、今回のトーナメントに向けて特に意識して練習していることはなく「ただ倒すだけ、そんなイメージですね」と豪語。SNSではフィジカルトレーニングに精力的に励んでいる光景も見られたが「フィジカルはけっこう前からずっとやってるし、そこも別に変らずやってきました」と話し「(過去3戦より)もっとパワーアップしてると思うんで、当日はもっと強くなってると思います」と身体的な進化にも手応えを感じている。

 一回戦で対戦するエダー・ロープスは一撃で相手をKOするハードヒットを持ちつつ、最近の試合ではオーソドックス(右構え)だけでなくサウスポー(左構え)で戦う曲者振りも垣間見える。神保は「相手は勢いがあるけど、自分の得意なタイプ。体重さえ落ちちゃえば問題なく倒せるかなと思ってます」とロープス撃破に自信を見せる。

 またロープスはパンチのコンビネーションから最後はローキックにつなげるタイプで、神保は「中国でやった相手(=ウェンバオ)にも似てるんで、そのイメージで戦えば全然いけると思ってます。(ローのダメージを考えると)早く倒したいっすね」と早期決着も狙い「(トーナメント全体の)イメージは出来てるんで、準決勝には木村"フィリップ"ミノル選手が上がって来ると思ってます。サウスポー(※逆ブロックにいる城戸と和島はサウスポー)の対策もしっかりやってるんで問題ないでしょう」と誰が上がってきても戦える想定で準備を続けている。

 中国遠征も含めると自身初の3連敗と崖っぷちの神保。競馬で言えば万馬券のオッズがつくようなポジションだが、そういった立場も本人は全てひっくり返せると燃えている。

「(今のポジションは)かなり燃えるものがありますね。これで優勝しちゃえば、もう全部チャラになると思うんで優勝しか狙ってないです。(トーナメント3試合を通じてどんな試合を見せたい?)やっぱりみんなKOが見たいと思うんで、しっかり倒しに行くところを見てもらえればいいかなと思ってます。(3試合全てKOする秘策は?)自分は別に倒せないファイターじゃないんで、倒せる武器は持ってるんで、そこを見て楽しみにしていただければと思ってます」

 記者の「トーナメントに向いているか?」という質問には「やってみないと分からないんでノーコメント」と切り返した神保だが、続けて「1日3試合を勝ち抜くには何が必要か?」と聞かれると「気合いと根性っすね」とらしい言葉で即答。「今回は全試合特攻を見せようと思ってますね」とお馴染みの特攻宣言も飛び出し、最後は「今回は全試合、全員ぶっ倒して優勝するんで応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送って締めた。

 3連敗という苦境の中で巡ってきた人生最大の大一番、神保はこのチャンスをものにしてベルトをかっさらうことが出来るか?