2020.02.28

 2月28日(金)東京・K-1ジム五反田にて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で金子晃大と対戦する玖村将史が公開練習を行った。

 バラエティに富んだカードが並ぶ「K'FESTA.3」の中でも注目の日本人対決となった玖村と金子の一戦。公開練習のミット打ちではパンチ・蹴りともに抜群のスピードとキレを見せて充実振りをアピールし「あと3週間ちょっとなんですけど、今は一番ガッツリ練習をやって良い感じに仕上がりそうです」と調整も順調だ。

 玖村と金子の一戦は昨年11月のKrush大阪大会でも計画された一戦で、最終的に『K'FESTA』というK-1最大のビッグイベントで実現することとなった。

 それについて玖村は「『K'FESTA』はK-1の一番大きいイベントなんで、そこで戦う方が盛り上がると思うし、注目のされ方も違う。11月の時点では、その時のストーリーもあったんでやりたかったですけど、結果としてはこっちで良かったかなと思ってます」と歓迎。昨年の『K'FESTA.2』で金子に敗れた兄・修平の敵討ちという側面もあるが「全然敵討ちとか、修平が負けたから代わりにやってやるというのはないですね。純粋に(金子に)負けたくないし、自分が一番強いと思ってやってるんで、それを証明するだけです」と自らの強さを証明するための試合だと位置づけている。

 金子はプロデビュー以来9戦9勝と無敗をキープ。まだ底を見せていない戦いぶりで“幻想”を抱くファン・関係者も多い。玖村はその評価に対して「もちろん自分の方が上だと思っているし、向こうの方が上だと思ってる人はそう思っておけばいい。あと3週間後には自分の実力を見せて周りの評価を変えます」と“金子幻想”を打ち砕くと宣言。金子が無敗でいる理由を問われても「単純に自分より強い相手と試合しないからじゃないですか?」と切り捨てる。

「もちろん金子選手が強いのは確かだし、穴も見えてないからこそ評価も高いんだと思う」と金子を評価する玖村だが「自分は弱点を見つけている。次の試合でその弱点がみんなに分かると思います。みんなやろうとしても出来なかったのかもしれないですけど、自分やったらその弱点を突くことが出来る。兄との試合や他の試合でも見つかったものもあるし、そこがどこなのかを試合で楽しみにしていてほしい。彼に初の負けをつけるのは楽しみですね」と大胆不敵に語る。

 その弱点を突くことも踏まえて、玖村はどういった試合展開を思い描いているのか?

「試合の流れでも変わると思うんですけど、向こうが来るなら全然カウンターで合わせますし、向こうがカウンターを警戒してるんだったら全然自分から仕掛ける。どっちの練習もしてるんで、流れの中で試合中に変えていけたら良いかなと思ってます。

 この試合は『K'FESTA』でも一番レベルの高い試合になると思いますし、タイトルは何もかかってないですけど、だからこそ魅せられる面白い試合が出来るんじゃないかなと思うんで。自分自身、タイトルがかかってない試合も久しぶりなんで楽しんで試合したいなと思ってます」

 軽量級、そしてK-1ならではノンストップバトルが期待されている一戦でもあるが、玖村は激闘ではなく、圧倒的な強さを見せて金子をねじ伏せるつもりだ。

「ノンストップの試合ももちろん面白いんですけど、無敗の選手を一方的に何もさせずに倒したら、そっちの方が盛り上がるかな、と。僕はそれを出来るように突き詰めていけるようなスタイルを目指してます。(激闘ではなく自分の強さが際立つ試合をするのがテーマ?)激闘になったら、良いパンチが一発当たったら試合の展開も変わるじゃないですか。そういうじゃんけんみたいな試合はあんまり好きじゃない。それよりも一方的に勝って、実力差の分かる試合をしていきたいですね。

 自分はKrushチャンピオンなんで、チャンピオンとしての強さも見せようと思ってるし、ここがゴールじゃない。K-1のベルトを今年巻くと決めてるんで、そのために勝たないといけない相手、その一試合に過ぎないと思ってます。スピードはこの階級でもトップだし、向こうもテクニックはあると思うけど、そのテクニックある同士の試合でも自分の方が上だと思ってるんで。スピードやテクニック、そういう軽量級でしか魅せられない試合をするとこを見てほしいですね」

 最後に「3月はコロナウィルスも流行っているし、色々とイベントも中止になってると思うんですけど、それも全部払拭できるような面白い試合をするんで注目よろしくお願いします」とファンに約束した玖村。宣言通りに金子の弱点を暴き、圧倒的な強さで“金子幻想”を打ち砕くことができるか?

 

選手登録