2020.02.25

 2月25日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.111」の一夜明け会見が行われた。

 Krush再登場となった昨日の大会でMOEとの“日泰女子高生対決”に勝利したパヤーフォン・アユタヤファイトジム。戦前「K-1・Krushで戦うためにパンチを強化してきた」と語っていた通り、パンチでダウンを奪っての勝利で「パンチでダウンが取れてうれしかった」。今後は「アトム級(45kg)でいろんな選手と戦っていきたい」と話し「学校を卒業したら世界中の人にムエタイを広めたい」という夢を語った。

「昨日は勝てて嬉しいです。MOE選手は強かったですが、パンチで取ったダウンが決め手になったのかなと思います。​今回は​パンチの練習をしてきたので、パンチでダウンが取れて嬉しかったです。​(試合後は悔しそうな表情だったが?)​試合前にKOをすると言っていたんですけど、それができなかったので悔しかったです。​(今後は)私がK-1・Krushで道を切り拓いていきたいです。(解説の木村"フィリップ"ミノルが『パヤーフォン選手はK-1女子の宝だ』と言ってたが?)それはとても嬉しいです、ありがとうございます。​

​(以前、敗れている高梨knuckle美穂に今だったら勝てる?​)はい、勝てると思います。これからは女子の45kgで色んな日本人選手と戦っていきたい。今、私は学校に通っているのですが、あと1年で卒業する予定です。卒業したら世界中の人にムエタイを広められたらなと思っています。​(どこか観光した?)​今回はまだどこも行けていないです。どこに行ったらいいか分からないですが…ディズニーランドに行きたいです(笑)。​これからも応援よろしくお願いします」