2020.02.24

 2月24日(月・休)東京・後楽園ホールにて「Krush.111」が開催された。

 メインイベントは[Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ]王者・鈴木勇人と挑戦者・佐々木大蔵の一戦。昨年11月のK-1横浜大会で対戦した両者は、佐々木が鈴木に判定勝利。今回はKrushへ舞台を移し、王者・鈴木が佐々木にリベンジを挑むという形でのタイトルマッチとなった。

 前回、得意の左ミドルを封じられ敗れた鈴木は左ストレートも加えて佐々木を攻め込むが、ベテランにして試合巧者の佐々木はペースを譲らない。逆に鈴木が打ち気となった2Rにカウンターの右ストレート、それに続く右ストレートで2度のダウンを奪う。3R、挽回と逆転に向かう鈴木だが、佐々木は決定打を許さず。ジャッジ3者とも30-26で佐々木を支持し、ライト級に次ぐ2階級制覇でスーパー・ライト級のベルトをものにした。

 セミファイナルには12月のK-1名古屋大会でK-1王者・武居由樹を追い詰めて存在感を見せたスリヤンレック・オーボートー.ガムピーが登場。元Krushバンタム級王者・軍司泰斗が迎え撃った。試合は軍司がスリヤンレックの強打を巧みにかわし、3Rに左ボディフックからスタンディングダウンを奪って判定勝利。スーパー・バンタム級で確実にステップアップとなる勝利を得た。

 第6試合ではスーパー・フェザー級のトップ戦線進出を狙う横山朋哉とプロ戦績2戦2勝の中島千博が激突。Krushスピーディかつスリリングな打ち合いを繰り広げ、試合終了直前に横山が左フックをクリーンヒットさせて好勝負に勝利した。また第5試合では2度目のKrush参戦となるパヤーフォン・アユタヤファイトジムがMOEと対戦。右ストレートでダウンを奪ったパヤーフォンが日泰女子高生対決を制した。

☆全試合結果・詳細・写真・動画はこちら
https://www.k-1.co.jp/krush/result/16506/