2020.02.19

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)]でエダー・ロープスと対戦する神保克哉のインタビューを公開!

──昨年はジョーダン・ピケオーや城戸康裕選手というスーパー・ウェルター級のトップ選手たちと対戦がありました。結果は出ませんでしたが、あの試合を経験して、どんなことを学びましたか?

「まだ“あと一歩”届かなかったなって感じですね。だから今回のトーナメントで周りの下馬評を覆して、自分が一世風靡しようと思います。本当に今回のトーナメントに賭けているし、自分が魅せようかなと思ってます」

──トップ選手に勝つために足りないものが分かった、と。

「そうですね。具体的なことは言えないですけど、色んな面で自分に足りないものが分かりましたね。今は練習の時から気持ちも作って思いっきりやってます」

──今回トーナメントのオファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「自分はこれがラストチャンスになるかもしれないと思っているし、そのぐらいの勢いでやろうと思いました。この世界、そんなに甘いもんじゃないし、ここでしっかりベルトを獲りたいと思ってます」

──一回戦で対戦するエダー・ロープスにはどんな印象を持っていますか?

「すげえバチバチな感じで、自分とは噛み合うんじゃないかなと思います。戦うのが楽しみっすね」

──見た目通りに身体のバネもあって、勢いを感じさせる選手です。

「勢いもあって気が強そうなんで、しっかりそれに対抗したいっす。自分の中では得意な感じのタイプの相手なんで、倒せるかなと思うんですよ。そこは気を抜かず精一杯頑張ろうかなと思います」

──トーナメントの枠組みも決まって、気になる選手や戦ってみたい選手はいますか?

「逆ブロックには自分が負けてる選手が2選手(城戸康裕・和島大海)いるんで、そこにリベンジしたいというのが一番強いですね」

──では決勝には城戸選手か和島選手に上がってきてほしい?

「はい。自分も決勝まで勝ち上がるんで、このトーナメントでリベンジして汚名返上できればいいかなって思ってます」

──組み合わせ的には準決勝で木村"フィリップ"ミノル選手と戦う可能性もあります。木村選手の存在は意識されてますか?

「かなり意識してますね。木村選手はすごいパンチがあって、やったら絶対楽しいなって思うんで。自分も一回戦は絶対突破するんで、木村選手にも上がってきてほしいっすね。それでバチバチにやりたいっす」

──「K'FESTA」には初参戦になりますが“K-1年間最大のビッグマッチ”のリングに立てることをどう感じていますか?

「自分は前も言ったんですけど、会場の大きさは関係ないんで。どんな会場でもリングに上がったら戦うだけです」

──先ほどは「そんな甘い世界じゃない」という発言もありましたが、このトーナメントで格闘技人生を変えたいと思いますか?

「そうっすね。このトーナメントに全てを賭けて戦おうと思ってます。正直、自分がトーナメントで優勝する確率は低いと思われてるはず。だからこそトーナメントで“まさか”を起こして優勝したいっす。最後に自分がベルトを巻いて腕組んで『見たか!』って言ってやりたいですね」

──ちなみに記者会見では赤の特攻服を着ていましたが、今年のテーマは赤ですか?

「自分は毎年(特攻服を)変えようと思うんですけど、今年は格闘技への熱が下がらないように“情熱の赤”で行こうかなと思ってます」

 

選手登録