2020.01.26

 1月25日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.110」の一夜明け会見が行われた。

 原点回帰で大会名称・ロゴがかつての「Krush」に戻り、その最初の大会に出場を志願した山崎秀晃。昨日のセミファイナルでその対戦相手として真っ先に名乗りを挙げた堀井翼と拳を交え“壊しのリング”の醍醐味を存分に見せつける1RKOでKrushカムバックを果たした。

 一夜明け会見で山崎は「懐かしい、ホームに帰ってきたなって感じでした」とKrush凱旋を感慨深げに振り返ると、次戦として3月「K'FESTA.3」への出場をアピール。「試合が決まれば山崎なりのプロフェッショナルを魅せる」と、完全復活を遂げた“GOLDEN FIST”ならではの試合をすると語った。

山崎秀晃
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。試合としてはKrushにカムバックして、しっかりKOで締められたので満足してます。試合前も堀井選手、すごく盛り上げてくれたと思うし、渡辺代表をはじめ、トレーナーの上松大輔さん、高萩ツトムさんに感謝します。また、チームメイトもけっこう盛り上げてくれたんで、Krushに戻ってきたこのタイミングで、みんなが盛り上げてくれた試合になったんじゃないかなと思います。

(久しぶりのKrushや後楽園ホールの雰囲気はどう感じた?)正直、懐かしい感じがあって、帰ってきたという感じがすごくありました。自ずと緊張はなくて、戻ってきた感じが入場、リングに上がる時からあって、何かやりやすい雰囲気はありましたね。自分が考える以上に、身体が感じていたのか分からないですけど、ホームに帰ってきたなって感じでしたね。

(試合後に渡辺代表が号泣していたが?)実はちょっと2~3週間前にトラブルじゃないですけど、愛鷹亮とスパーリングしてまして。僕がパンチをもらってKOされちゃって、1分ぐらい気絶したんです。それ以来、しっかり打撃の打ち合いとかスパーリングも出来なくて、すごく心配かけたんですよね。ベストコンディションではなかったんですけど、その中でずっと渡辺代表が心配してくださっていて。で、しっかり勝った後に代表に挨拶行ったら号泣してくれてて、やっぱ愛情深い人やな、改めて渡辺さんに付いてきて良かったなって、本当に思わされましたね。

(ガチスパーのKRESTならではのエピソードだが)でもそれがなければ僕たちはないと思いますし、どこのジムにも負けてない練習量とハードさなんで。それがあるからこそ、やっぱKRESTの強さがあると思いますし、そこでつく自信もありますし、方向性は間違ってないと思います。

(3月『K'FESTA.3』出場をアピールしていたが)タイトルマッチはやりたかったですけど先に決まってしまって、僕は相手を選ばないんで。山崎秀晃なりのプロフェッショナルをファン、関係者に魅せていけたらいいなと思います。

(堀井の挑発はどう思っていた?)木村ミノルとか瑠久みたいな感じで言われると、ちょっとカチンと来るんですけど、ちょっと…何か演じてるような感じにしか見えなかったんで(笑)。良い感じで自分も『こいつ挑発して来てるな』ってスイッチを入れながら、でもどっかには頑張って盛り上げてくれてるなというのもありました。試合が終わった後は本当に腰が低くくて『色々言ってすいませんでした!』とか言ってきて、あんまり言うと彼のキャラクターを潰しちゃうことになるんですけど(笑)。試合後に後楽園ホールの下に降りたら、小さい子供たちにフラッシュバックしながら写真に応じていた堀井選手も見たんで…やっぱり良いヤツだったなと思います(笑)。

(ファイターとしての堀井は?)攻撃もまあまあ強かったですし、ちゃんとトレーニングしてなかったらあの身体にはならないと思うんですよ。発言は発言で彼には彼なりのプロフェッショナルがそこにあるんじゃないかなと思いますし、黙って頑張りますと言い選手よりは間違いなく注目される選手じゃないかと思います。

(ファンのみなさんにメッセージは?)今回はKrushカムバックということで、たくさん注目していただき本当にありがとうございました。堀井選手をはじめ、Krush、K-1の運営・実行委員会、AbemaTVさんも特集番組をたくさん組んでいただいて、本当に盛り上げていただいたなという感想が大きいです。僕もこれから、3月はまだどうなるか分からないですけど、出る準備はしっかり出来てますんで、オファーをいただいたら喜んで出させていただきます。その時はしっかりプロとして魅せれる試合を見せていきますんで、またぜひ応援よろしくお願いします」