2020.01.26

 1月26日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.110」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・フェザー級で佐野純平と対戦したKrush初参戦・竜樹。計量オーバーにより減点1からのスタートとなったが、1Rに左フックでダウンを奪うと、3Rに再び左フックを決めKO勝利。一夜明け会見では計量オーバーを詫びるとともに。自身が拠点とする九州で開催される7月のK-1福岡大会への出場をアピールした。

竜樹
「(立ち上がって)この度は計量オーバーしてしまって試合に出る資格がない僕と試合をしてくれた佐野選手には本当に感謝しています。ありがとうございます。(着席して)昨日はKO勝ちができたので応援してくれるみなさんにプロとして最低限の仕事ができたかなと思っています。

(佐野は)試合が決まって左のジャブから右ローが強いっていうイメージがあって、たくさんローキックの対策をしてきたんですけど、実際に試合をしてみて自分が想像していた以上に蹴りが重くて、最初の方は自分のペースが掴めませんでした。ただラウンドが重なっていく毎に自分のパンチ、特に今回は左フックを多めに練習してきたんですけど、その左フックが上手いように当たって、KOできたと思っています。(佐野がグローブハンデをつけず)通常の8オンスグローブで試合を受けて頂いたので、自分も全力で行かないと失礼だと思ったので最初から全力で行きました。

(Krushで戦った感想は?)今まで画面でしかKrushを見たことなかったんですけど、実際に後楽園ホールでKrushのリングに立って試合をして、会場もすごい盛り上がっていたし、もっとこのKrushの舞台で試合をしたいなと思いました。できたらもう一度Krushのリングで試合をして、そこで良い結果を出して7月のK-1福岡大会に出られるように頑張ります。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)僕は今回Krush初参戦で、僕のことを知らない人も多いと思うんですけど、これからもこのKrushのリングで活躍していきたいと思っているので、応援よろしくお願いします」