2020.01.24

 1月24日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、1月25日(土)後楽園ホール「Krush.110」の前日計量・会見が行われた。

 セミファイナルには原点回帰のKrushに出場志願した山崎秀晃が登場。対戦相手募集で真っ先に手を挙げた堀井翼と激突する。対戦カード発表会見ではヘリウムガス持参で会見に臨み、前日計量でも自分作成の等身大パネルと共に登場し、集まったファンから笑いを誘っていた堀井。しかし前日会見になると打って変わって真剣モードになり「明日は男として喧嘩して勝ちたい」と語る。
 これにはさすがの山崎も「そういう気持ちで挑んできてくれるというのは、僕も受け応えがある」と真っ向勝負をするつもりで「山崎vs堀井で良かったなと言われるような勝負をしたい」と

堀井翼
「どうも股間王の堀井翼です。明日はやるだけです(計量の時と違って完全にスイッチが入っているように見えるが?)これは喧嘩なんで、男として。さっきはちょっと色々やってましたけど、今はもう明日のモードに切り替わってるで、明日は男として喧嘩して勝ちたいと思います。(試合ではなく喧嘩だと言っていたが?)違いますね。まあ、はい。明日やってやろうと思います。(ファンのみなさんへメッセージは?)明日、最高なことが起こるんで、みんなしっかりセミファイナルを見てください」

山崎秀晃
「自分でもしっかり良いトレーニングを積んでこれて、堀井選手も良い感じで僕のスイッチ入れてくれてるんで。明日は良い試合出来ると思うので、注目よろしくお願いします。(堀井のコメントを聞いて)まあ良いんじゃないでしょうか。(目標にしていたK-1スーパー・ライト級のタイトルマッチが3月に決まってしまったことについては?)まあ悲しいですね。

(Krushのリングに明日戻ってくる心境は?)正直それはやっぱりワクワクしてますし、後楽園ホールも久しぶりで試合するのが4年半か5年振りくらいなんで。選手募集という形で、こういう熱い気持ちを持った堀井選手とリングで戦えるというのは、非常に楽しみでワクワクしてますし、自ずと良い作品が生まれるんじゃないかと思ってます。

(堀井の喧嘩予告について)まあガチンコファイトクラブでも、こんな絵に描いたチンピラはいなかったと思うんですけど(笑)、そういう気持ちで挑んできてくれるというのは、僕も受け応えありますし。僕は喧嘩じゃなくて、しっかりKrushとしての競技としてバッチリ倒していきます。それがアグレッシブファイトであれ、いわゆる喧嘩ファイトであれ、それが見てる人にそう映るなら、それで盛り上がるならもっと良いことやと思います。やっぱり会場に来てくれたファン、中継で見てくれてる人や関係者に、やっぱり山崎vs堀井で良かったなって言われるような勝負をしたいと思ってます。

(ファンのみなさんへメッセージは?)本当に見に来て良かった、AbemaTVで中継を見て良かったと思われるような一戦にしたいと思ってます。山崎vs堀井の化学反応を楽しんでいただけたらと思います。注目よろしくお願いします」