2020.01.24

 1月24日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、1月25日(土)後楽園ホール「Krush.110」の前日計量・会見が行われた。

「K-1 KRUSH FIGHT」からかつての「Krush」に名称・ロゴを戻して最初の大会となる「Krush.110」。メインイベントはKrushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックの2度目の防衛戦。挑戦者はライト級転向後、2戦2勝2KOと絶好調で抜群のインパクトを残した横山巧だ。

 対戦カード発表会見でも“ムエタイ大魔神”の復活を阻止すると宣言していた横山は「明日の大会で“Krush”は復活しますが、ゴンナパー選手は復活しません。Krush=KOなんで絶対KOします」とKO勝利を予告。一方、約10カ月ぶりの復帰戦となるゴンナパーはブランクを感じさせない鍛えぬかれた肉体を披露し「自分は全力で戦って必ず防衛するだけ。自分は絶対に負けない」と、タイトル防衛に揺るがぬ自信を見せた。

 2020年Krushの幕開けとなるタイトルマッチ、今年最初にベルトを巻くのは王者ゴンナパーか? それとも挑戦者・横山か?

横山巧
「体調も仕上がりもばっちりなんで、明日は絶対チャンピオンになります。(両者とも計量時の仕上がりが良く見えたが)ゴンナパー選手、岩みたいにゴツゴツしてて強そうだなって思って。ちょっとブルっとしましたけど、自分もそこそこ仕上がりは良いです。(試合はゴンナパーのパワーvs横山のスピードの対決と見られているが?)どんな試合になるかはやってみないと分からないですが、自分が思い描いてるのは『やっぱりKrushだ!』という試合をして、Krush復活のイメージをみなさんに与えられたいいなと思ってます。

(Krushのベルトを目の前にして感じるものは?)やっぱり小学校の時からずっと格闘技をやってきて、ベルトを巻くことが1つの目標でした。ベルトを目の前にして、今すぐ奪い去って走って逃げちゃおうかなと思ったんですけど(笑)、明日しっかりと戦って奪います。(今年最初のタイトルマッチとして、どういう決着が相応しい?)Krushなんで、KOしなきゃ意味がないんで。Krush=KOなんで絶対KOします。(ファンのみなさんへメッセージは?)今回Krush復活ということで、Krushは復活しますけどゴンナパー選手は復活しません。なので、明日は応援よろしくお願いします」

ゴンナパー・ウィラサクレック
「非常に今は調子良くて、全力で練習してきた。明日は自分の仕事をして勝つだけだ。(両者とも計量時の仕上がりが良く見えたが)相手の身体を見て、練習してきたということは分かった。明日は全力で戦いましょう。

(試合はゴンナパーのパワーvs横山のスピードの対決と見られているが?)明日は自分のスタイルで戦おうと思っている。対戦相手の映像も見たが、試合のプランももう既に練ってある。明日を楽しみにしていてほしい。

(今年最初のタイトルマッチとして、どういう決着が相応しい?)タイミングがあれば同じくKOを狙っていきたい。全てはタイミングによると思うが、明日は必ず防衛する。(ファンのみなさんへメッセージは?)明日はぜひ応援してほしい。自分は全力で戦って必ず防衛する。自分は絶対に負けない」

 

選手登録