2019.12.27

 12月27日(金)愛知・名古屋ガーデンパレスにて、“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会の前日会見が行われた。

 明日の大会ではスーパー・ライト級で大和哲也vs不可思、クルーザー級で加藤久輝vsK-Jeeと注目の日本人対決が組まれた。

 ともに名古屋出身、そして「この試合には特別な思いがある」と語っていた大和と不可思の名古屋対決。前日会見でも不可思が大和と向かい合った瞬間からワクワクが止まらないと目を輝かせれば、大和も「明日は最高の試合をして、名古屋のK-1を盛り上げて最高の1日にしたい」と呼応。K-1の歴史に残るような激闘を誓い合った。

 そして名古屋大会で唯一の重量級の試合となる加藤とK-Jeeは、ともに重量級ならでは迫力と醍醐味を見せると発言した上でKO決着も明言。他の階級では見られないド迫力ファイトが期待される。

大和哲也
「(挨拶で)いつも『日本を元気にする…と言いながら声がかすれたりしていますが(苦笑)、最高の準備が出来ましたので、明日は最高の試合をして、名古屋のK-1を盛り上げて最高の1日にしたいなと思います。(互いに思い入れの深い試合を明日に控えた心境は?)この1カ月半、彼のおかげで非常に良い時間を過ごすことが出来ました。試合に向けてもいつもマジなんですけど、今回は会長にも『今回は哲也がマジだな!』って言われました。

 最近は自分でジムを経営したり、今まで通り長い練習時間は取れないんですけど、でもジムにいる時間が短くなっても練習内容は凄く濃くなっている自負があります。そういった部分で今回の試合に向けて、本当に色んなことを乗り越えて、自分を持って来ることが出来たと思います。先ほど不可思と向かい合った時に『いよいよ明日なんだな』っていう実感が湧きました」

不可思
「さっき計量で哲也さんと向かい合って、むちゃくちゃ楽しみになりました。明日はとにかく熱い試合になると思うんで、お客さんも楽しみにしててください。(互いに思い入れの深い試合を明日に控えた心境は?)試合までの期間は色んなことを考えてたんですけど、もう今は戦うのが明日になって。さっき哲也さんとも向かい合って、もうとにかく僕は楽しみっていうのが一番ですね。さっき向かい合った時に『早くやりてえな』っていう気持ちが凄くあってワクワクする感じです」

加藤久輝
「今年は(3月の)カリミアン戦以来の2戦目でけっこう試合間隔が空きましたね。その代わりにK-1ルール練習が出来たんで、前回よりも良いパフォーマンスが出来ると思うんで明日の試合を楽しみにしてます。(唯一の重量級の試合としてどんな試合を見せたい?)やはり90kgなんで一発一発の重さは他の階級とは全く違います。ガードの上からでも効かせる階級なんで、試合が延長ラウンドに入ることはないと思いますね」

K-Jee
「今回は準備期間が長かったんで、明日は良いパフォーマンスが出来ると思います。(唯一の重量級の試合としてどんな試合を見せたい?)まずクルーザー級という重量級と他の階級の違いを知ってもらうことですね。そこを知ってもらうために、明らかに見て分かる迫力とKOで皆さんに重量級と他の階級の違いをお見せしたいと思います」