2019.12.27

 12月27日(金)愛知・名古屋ガーデンパレス 2F 翼にて、12月28日(土)「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会の前日記者会見が行われた。

 2019年のK-1を締めくくる明日の最終試合はスーパー・ライト級王者・安保瑠輝也と挑戦者ゲーオ・ウィラサクレックによるタイトルマッチ。6月両国大会では王者ゲーオに挑戦者・安保が挑む形で安保が延長判定で勝利を収め、今回は立場を変えてのダイレクトリマッチによるタイトルマッチとなった。

 これまで会見や公開練習で言葉を重ねてきた2人だが、試合前日のこの日は共に多くを語らず。しかしゲーオが「必ずKOで勝ちます」、安保が「KOで締めくくりたい」と共に完全決着への思いは共通しており、接戦で延長判定となった前回を超える激闘を予感させた。

安保瑠輝也
「試合が決まってたくさん会見もしたし、言いたいことはもう言ったので明日白黒はっきりさせるだけなので、明日楽しみにして頂ければと思います。

(ゲーオは弱点を見つけたと話していたが)客観的に見て自分の弱点の部分もあると思いますし、ゲーオ選手の弱点も自分は分かっています。自分がやってきたことは100%間違いないので、明日はそれを完全に出します。K-1のメインイベントを任せられたので、自分の実力を思いっきり出してKOで締めくくりたいと思います。

(今回はどんな試合にしたい?)前回の判定はお互い距離感とか掴みづらくて攻めどころがあまりなくて。延長ラウンドにああいう近い距離の形になってしまってバタバタの試合になっちゃったので、今回は自分から1Rから前に出ます。それが作戦です。

(メインにふさわしいどんな試合をする?)それが今1番自分の中で思っているというか任されている部分だと思うので、ゲーオ選手どうこうよりしっかり倒すこと、自分が行けるかどうかの価値を見極められる場所だと思うので、そこは絶対に何が何でも成し遂げたいと思っています」

ゲーオ・ウィラサクレック
「ファンのみなさんこんにちは。明日名古屋で試合できることをとても嬉しく思っています。今日は多くを語りたくありません。明日会いましょう。(どんな試合にしたい?)明日は自分が今まで練習してきたことを出すだけです。必ずKOで勝ちます」

 

選手登録