2019.12.26

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」。今大会の[プレリミナリーファイト第5試合◎K-1スーパー・ライト級/3分3R]で対戦する泰斗と松岡翔大のコメントを公開!

泰斗
「K-1の地元の大会に出られて嬉しいです。本当は本戦に出たかったですが、決まったからにはやるだけです。(前回の試合を振り返って)泥臭くてもまず一勝することを意識していて、結果として1RKOで終わることができたんで、そこはよかったです。今回は気持ちの部分で退かないように意識して練習してきました。対戦相手は長身・サウスポーで キレイに戦う印象です。今回も前回同様 もちろんKOでド派手に勝ちます。しっかり連勝して、みなさんに復活した姿を見せたいです。(ファンのみなさんにメッセージは?)前回勝っても次が大事なんで、ここは落とせません。たくさんの応援に応えられるよう、しっかり倒します。また盛大な応援よろしくお願いします」

松岡翔大
「前回のKrushでの試合は不甲斐ない結果で終わってしまったので挽回のチャンスを貰って感謝しています。(格闘技を始めたきっかけは?)幼稚園の時に空手を始めて、中学生になったのを機にK-1に憧れていたのもあり、キックボクシングを始めました。高校の時に一度格闘技をやめて大学からまたキックボクシングを始めました。(対戦相手の印象は?)僕がキックボクシングを始めた頃から、Krushの舞台で活躍していた選手なのでかなりのベテランという印象です。同じ名古屋出身で戦っている選手だけあって、名前はもちろん知っていたので、そういう選手と戦えて嬉しいです。前回の試合からいくつも修正点が見つかったので、そこを改善したところを見せて倒して勝ちます。前回は逆に倒されてしまったので今回こそ改めて倒して勝てる選手だというところを証明したいです。せっかくの地元なので観に来てくれるファンの人たちを楽しませる試合をしますので応援よろしくお願いします」

 

選手登録