2019.12.21

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(1)/3分3R・延長1R]でヨセフィン・ノットソンと対戦するKANAのインタビューを公開!

――8月のK-1大阪大会で、判定勝ちを収めた真優戦を振り返っていかがですか?

「最低でもKOという目標を掲げていたので、結果については課題が残りました。3R通して自分の持ち味を出して戦い、大差で勝つことができたので、次に繋がる試合だったと思います。

――12月のK-1名古屋大会では、K-1史上初となる女子のトーナメントが開催されます。オファーを受けたときの心境は?

「今のK-1で初めて女子の試合が組まれたときに自分が出場して、それからずっと女子のトーナメントをやりたいと言い続けてきました。でも、K-1では自分の思うような試合ができなかったりして…道のりは長かったかと思うんですけど、やっとトーナメント開催にたどり着きました。なので、オファーを受けたときはすごく気が引き締まりました」

――トーナメントに参戦するほかの女子選手の印象については?

「一回戦で戦うクリスティーナ・モラレス選手は、いままで自分が戦った選手の中では一番戦績が多く、経験値もある。48kgから52kgまで幅広くやってる選手で、いろんな技のバリエーションを持っているので、すごく警戒してます。反対側のブロックのヨセフィン・ノットソン選手とメロニー・ヘウヘス選手に関しては、自分は二人共戦ったことがあり、どちらもタイプが違う選手だと思います。その二人がやったらどちらが勝つか、全然読めないですね。どっちが来ても自分とは1勝1敗の選手なので、決着をつけたいと思います。自分も一回戦を勝ち上がらないと先がないので、しっかり集中していきたいです」

――今回、リザーブファイトには日本人選手(壽美vs真優)が出場しますが、トーナメント本戦はKANA選手が唯一の日本人となります。強敵揃いですが、自分が優勝しないといけないという使命感みたいなものはありますか?

「そうですね、自分がK-1の女子を切り拓いていると思うし、ほかの外国人3選手も死にもの狂いでベルトを獲りに来ると思うんですけど、しっかり自分がこの大会を盛り上げて締めなきゃいけないと思ってます。必ず初代のベルトを巻くと決めてます」

――こうしてK-1でも女子の試合が注目されていることについて、どんな想いがありますか?

「K-1で女子のトーナメントが初めて開催されることについて『トーナメントが観たい』という声以外に『女子じゃ盛り上がらない』という声や、色んな意見があると思います。でも盛り上がるかどうかは実際にやってみなきゃ分からないですし、やる以上はしっかり盛り上げないとプロとしていけないと思います。興行として名古屋大会を成功させたいですし、自分がチャンピオンになれば、この先もK-1女子の幅が広がると思います。私がチャンピオンになることで違う階級でも女子の選手が出られるようになって、K-1が女子の夢の舞台になると思います。しっかり、その夢を切り拓いていくためにも、自分が責任を持ってベルトを獲りたいと思います」

――今回は競技人生を賭けるような戦いになりますね。

「はい。格闘技を始めて最大の大一番ですね。これで人生が決まると言ってもおかしくないくらいの戦いだと思います」