2019.12.16

 12月16日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.109」の一夜明け会見が行われた。

 本戦初出場でタイトルマッチ経験もあるC-ZUKAと対戦した菅原美優は得意の蹴りで先手を取って判定勝利を収めた。デビュー前からAbemaTVで取り上げられるなど注目を集めていた菅原だが、会見では「最初はプレッシャーがあったんですけど、2戦目で負けて改めて色んなことに気付きました。それからはもうプレッシャーはなくて、純粋に楽しく格闘技をやれるようになった。今回も今まで以上に試合を楽しむことができた」とその経験が糧になったと振り返った。

 来年から菅原は美容学校を卒業して美容師とK-1ファイターの“二刀流”で活動を続ける。「ファイターとして練習環境を整えるところから始めて、色んな人と試合して経験を積んで、ちょっとづつステップアップしていつかベルトに挑戦したいと思っています」と、徐々に実力をつけていきたいと目標を語った。

「昨日は応援ありがとうございました。初めての本戦で、だけど今までで一番落ち着いて試合に臨めて、3Rちゃんと考えながら試合が出来たかなって思います。(今年プロデビューして4戦目、この1年で一番成長したところは?)今回の試合で急にというわけじゃなく、この一年で色んなことを学べたかなって思います。デビュー戦では行き過ぎちゃって疲れることを勉強して、2戦目ではプロの厳しさを学んで、3戦目では近い位置での戦い方とか色々勉強して。今回また遠い距離の選手とやってみて、今までにない戦い方を勉強して、1年通して色んなことを勉強出来たかなって思います。

(デビュー戦からAbemaTVなどでフューチャーされたことについてプレッシャーはあった?)最初はプレッシャーもあったんですけど、2戦目で負けて、それでも応援してくださる方がいて、練習を一緒にやってくれる先輩方がいて、改めて色んなことに気付きました。それからはもう全然プレッシャーはなくて、純粋に楽しく格闘技をやれるようになりました。今回も今まで以上に試合を楽しむことが出来ました。

(大一番を控えているKANAとは試合後どんな話をした?)今までで一番褒めてもらいました(笑)。KANAさんにバトンをつなげることが自分の中でモチベーションとして大きくて。KANAさんも試合前の忙しい時なのにセコンドについてもらって、試合前にも一杯サポートしてもらって。そんなKANAさんが試合後に褒めてくれて。自分が勝ったことを喜んでもらえて本当に良かったなと思ってます。

(昨日の試合で勝因だと感じたところは?)練習したことをやっと出せたかなって感じです。今までは出来ないことを練習していて、今回はちょっと自分の出来るところを伸ばす練習してきたので。やっぱ自分は蹴りの方が得意だと思っているので、蹴りを一杯使えて良かったなって思ってます。(来年はどこまで成長したい?)ベルトが欲しいっていう一つの目標はあるんですけど、そんなに焦っているわけじゃなくて。今はまだ全然練習環境も整えられてないんで。来年は学校を卒業するんで練習環境を整えるところから始めて、ちゃんと練習時間を取って。そっからまた一からじゃないですけど、色んな人と試合して経験を積んで、ちょっとづつステップアップしていつかベルトに挑戦出来たらなって思ってます。

(美容学校を卒業した後の予定は?)一応両方やろうと思っていて、サロンワークはするつもりでいるんですけど。けっこう悩んだんですけど、応援してくれてる方が練習環境を整えながら美容師できる環境を作ってくださって。美容師しながら格闘技できる人はあんまりいないと思うんで、そんな貴重な体験できるなら両方一生懸命やりたいなと思って頑張ろうと思ってます。(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。まだまだな私ですが、これからも一生懸命頑張るので応援よろしくお願いします。押忍」

 

選手登録