2019.12.16

 12月16日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.109」の一夜明け会見が行われた。

 本戦初出場となった璃明武は内田晶と対戦し、パンチの攻防から先制のダウンを奪うと、上段後ろ回し蹴りで鮮やかなKO勝ち。蹴りをもらった内田がそのままバッタリとマットに崩れ落ち、担架でリングを降りるという衝撃の一撃KOで場内をどよめかせた。

 一夜明け会見で璃明武は後ろ回し蹴りが空手時代の得意技だったことを明かし、2020年はスーパー・バンタム級のベルトを狙って連勝を伸ばしていきたいと抱負を語った。

 また璃明武はK-1ジム総本部でチーフトレーナーを務め、脳梗塞で引退した剣闘士“俊”さんに向けて「俊さんには本当にプロの選手もアマチュアの選手もみんなお世話になって、自分もデビューした時からずっと面倒を見てもらいました。俊さん今は地元にいるんですけど、見守ってくれてると思うし、そこで良い勝ち方が出来て喜んでもらえてると思います」と会心の勝利で恩返しできたことを喜んだ。

「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。結果的に会場が凄い盛り上がる1RKOが出来たので嬉しいです。あと1つ、今サングラスかけてるんですけど、ちょっと昨日の試合で内田選手と打ち合った時に良いパンチもらって目が腫れちゃって、それでかけてるんでイキっているわけではないです(笑)。

(KOした一撃について)自分はちっちゃい時からずっと空手をやっていて、空手の試合でも後ろ回し蹴りで勝つことが多かったんです。K-1になってからはK-1仕様でやってるんで、そんなに得意技ではないですけど、試合前に当たるかなと思っていて、それで使ってみたらきれいに入りました。ドンピシャで入ったんで良かったなって感じです。

(自分の中で後ろ回し蹴りのコツは?)昨日は内田選手が正面を向いて前に突っ込んで
るタイプだったんで、当たったら絶対KOになるだろうなと思って狙ってドンピシャで入った感じでした。そんな力とかは入れてなくて回って軽く蹴った感じですね。(今後この技をどういうふうに活かしていきたい?)自分は普通にパンチと蹴りで倒せる選手なんで、逆に次からやる相手は回転系の蹴りもあると頭に入れて戦ってくると思います。次またあれで倒そうというのはないですが、流れで出て当たれば良いかなぐらいです。

(プロキャリア5戦5勝でこれからトップ選手とも当たると思うが、戦ってみたい相手は?)今回は元々は玖村修平選手と試合が決まっていて、怪我で流れちゃったのはしょうがないと思います。今スーパー・バンタム級で誰と戦いたいというのはないんですけど、強い選手を倒したらタイトルに近づくと思うので、これからも1個も落とせない試合が続くのかなと思います。

(慕っていた剣闘士“俊”さんに今回のKO勝利で恩返しできた?俊さんには本当にプロの選手もアマチュアの選手もみんなお世話になって、自分もデビューした時からずっと面倒を見てもらいました。俊さん今は地元にいるんですけど、見守ってくれてると思うし、そこで良い勝ち方が出来て喜んでもらえてると思うので、それは本当に嬉しいですね。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は本当に応援ありがとうございました。来年は自分はKrushのスーパー・バンタム級のベルトを狙っているので。それに向けて一戦も落とせないので、これからも連勝していくので注目と応援していただけたら嬉しいです」

 

選手登録