2019.12.15

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の追加対戦カードが決定した。

 K-1スーパー・フェザー級王者・武尊とK-1フェザー級王者・江川優生によるスペシャルエキシビションマッチが決定。両選手は12.15Krush後楽園大会のリングに上がり、夢の対決に向けて意気込みを語った。

武尊
「まだ2019年暴れ足りないなと思っていて、あと1試合できたらいいなと思っていたので、今回12月に試合を組んでもらえてすごく嬉しいです。対戦相手の江川選手は横浜大会で3連続KO勝利でトーナメントを優勝して、これからのK-1を引っ張っていくエースだと思ってるので、そういう選手と試合できることを嬉しく思います。2人でK-1の面白さを伝えられるように思いっきりバチバチやりたいと思うので、12月のK-1も会場に来て応援よろしくお願いします」

江川優生
「こんばんは、僕も足立区から来たPOWER OF DREAMの江川優生です。11月の横浜大会でK-1チャンピオンになったばかりで、偉大なチャンピオンの武尊選手の相手として選ばれたことがすごく嬉しいです。自分もチャンピオンになった以上、武尊選手に負けないように胸を借りるつもりですが、精一杯頑張るので、ぜひ会場でご覧ください」