2019.12.06

 12月6日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、1月25日(土)東京・後楽園ホール「Krush.110」の第1弾対戦カードが発表された。

 ライト級で里見柚己vs金子大輝の一戦が決定した。里見はライト級転向初戦となった6月の両国大会でK-1初出場を果たすも大沢文也に判定で敗れ、続く9月のKRUSH後楽園大会では横山巧にKO負けを喫し、今回は巻き返しのためにも大切な試合となる。

 対する金子はバンテージのみで戦い、頭突きや肘打ちも認められた“地上最も過激な立ち技格闘技”ミャンマーラウェイの王者。K-1 JAPAN GROUP初戦となった横浜アリーナ大会ではK-1ライト級王者・林健太との“王者対決”に挑み、敗れはしたものの勇敢な戦いぶりでインパクトを残した。

 K-1 JAPAN GROUP2戦目でKrush初参戦となった金子は「K-1ルールの中でラウェイの良さはまだまだ10分の1も活かせてない」と前回の試合を振り返り、12月半ばには約1年振りにミャンマーに渡りラウェイの本場で修業する明かすと「ラウェイの良さも活かしつつK-1に対応して1月25日には進化したK-1ファイターとしての金子大輝を見せる」とKrushのリングでの本領発揮を誓った。

 対する里見は「前回横山選手にKO負けして、今年一番目標にしていた横浜大会に出られなくて本当にショックだった」と地元・横浜アリーナ大会に出場できなかった悔しさを露わにするも、その屈辱をバネに「2020年は自分の年にする」と宣言。ミャンマーラウェイ王者の金子に対して「ここはK-1のリングでもラウェイのリングでもなくKrushのリング。しっかり破壊しようかなって思ってます」と“壊しのリング”でのKO勝利を予告した。

金子大輝
「まず11月24日の横浜アリーナ大会からすぐに後楽園ホールで試合を組んでいただいたことに本当に感謝しております。対戦を受けてくれた里見選手、本当にありがとうございます。前回の試合で林チャンピオンと対戦して、直々にK-1というものを教えていただいたと思っていて、またK-1ジム大宮の方でK-1ルールの特訓も重ねています。そして12月半ばにはまたミャンマーに行ってラウェイの修業をして、ラウェイの良さも活かしつつK-1に対応するように、1月25日には進化したK-1ファイターとしての金子大輝を見せられるように一生懸命頑張ってきます。

(K-1での試合はラウェイの良さは出せた?)ラウェイの良さという意味ではまだ全くお見せできなかったなという試合でした。K-1ルールに対応しつつラウェイの良さを活かせるように。また色々と自分の中で秘策もあるので。ラウェイサンダーも含めて色々と考えてます。(前回の試合ではラウェイサンダーは出せなかった?)ちょっと充電不足でした(笑)。サンダー感がちょっと足りなかったんで充電中です。ラウェイハンマーの方もちょっと改良中です。(そういったこともあってミャンマー修業に行く?)そうですね。やっぱりミャンマーとラウェイというものには特別なものを感じているので、ちょっと向こうの空気に触れて、尚且つK-1ジム大宮でも特訓して臨もうかなと思っている次第です。

(K-1ルールでアジャストしてないと感じたところは?)やはり林選手のディフェンス能力だったりとか、素手の打撃ですとけっこう振っても相手が反応してくれるんですけど。散々K-1ジム大宮で練習は重ねたんですけど、やっぱりクローブと素手の違い、やってみて初めて分かることが色々ありました。テンポの違いだったりとか、打ち感触であったり打たれた感触であったり。僕の中では本当に濃い一戦だったと思ってます。ラウェイの技術も多少は活かせたかなと思うんですけど、まだまだ10分の1も活かせてないなと自分では思っているのでもっと活かせるように努力します。

(ファンの皆さんへメッセージは?)11月24日の林健太選手との一戦を終えて、たくさんのK-1ファンの方に暖かい激励のお言葉を受けて本当に感謝しています。試合の翌日から練習を再開して、この度の一戦に向けて本当に良いチャンスをもらったと思っているのでとても燃えてます。一生懸命頑張るので応援よろしくお願いします」

里見柚己
「本当にお待たせしましたって感じです。前回横山選手にKO負けして、今年一番目標にしていた横浜大会に出られなくて本当にショックで。でもそれが今の実力だったんで、今はもう前向きにめちゃめちゃ練習して2020年は自分の年にしようかなと思ってます。金子選手も本当に良い選手で本当に楽しみですね。一発があるもの同士のKO決着になるんじゃないかなと思います。

(ライト級のトップに敗れて自分に必要だと感じたものは?)最近本当に練習でもめちゃめちゃ強くなってる実感はあるんですけど、それが試合に出せてなくて本当に悔しい。本当にたくさんの人に応援してもらってるのに結果が出てなくて、前回は1Rで何も出来ずにKO負けしちゃって。いつもだったらすぐに試合させてくださいって言うぐらい試合は好きなんですけど、それじゃ変わんないなと思いました。横浜ジムのみんなが横浜大会に出て目立ってる中、本当に悔しかったですけどそこはあえて自分はみんなのサポートをしてました。でもやっとここで試合が決まって、相手がラウェイのチャンピオンなんで。ここはK-1のリングでもないし、ラウェイのリングでもなくKrushのリングなんでしっかり破壊しようかなって思ってます。

(金子の試合を見てどう思った?)同じ階級ってこともあって凄い注目してて、実際に会場で見てたんですけどやっぱパワーが凄いのかなって思ってます。まあでも自分もパワーには自信あるし、今めちゃめちゃ良い練習が出来てるんで。打ち合っても負けないし、自分の左が当たったら間違いなく倒せると思います。(独特なリズムや距離感は?)ラウェイサンダーを食らったらちょっとヤバイかなって思いますけど(笑)。まあそこは自分もちょっとジムでラウェイサンダーを練習しようかなって思ってます。(ラウェイサンダーの正体は分かっている?)ちょっと内緒でお願いします(笑)。

(ファンの皆さんへメッセージは?)自分も負けてから本当に悔しくて、練習めちゃめちゃして今は本当に良い状態になってるんで、2020年は本当に自分の年にしたいと思ってます。試合もバンバンやって行きたいし、まず1月しっかりKrushらしい試合を出来ればなと思ってます。応援よろしくお願いします」