2019.12.01

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/ K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]で加藤久輝と対戦するK-Jeeのインタビューを公開!

――今回のオファーを受けた時の心境を聞かせてください。

「KRUSHでチャンピオンになって、次は加藤選手だろうなと予想していたので、やっぱりなという感じですね」

――8月のKRUSH後楽園大会でKRUSHクルーザー級のタイトルを獲って、年内には試合をしたいと思っていましたか?

「そうですね。今は連勝中ですし、あまり間をあけずに試合をしたいと思っていました」

――対戦相手の加藤選手にはどんな印象を持っていますか?

「パワーもあって倒す武器もある選手ですよね。ただその武器さえ潰せば問題ないです。自分のなかで加藤選手の武器をつぶす方法は分かっているので、そこをしっかり考えて戦えばいいかなと思います」

――K-Jee選手は以前から加藤選手との対戦を希望していましたが、いつかやってやりたいと思っていた相手ですか?

「やりたいというかやるだろう思っていた相手だし、しっかり倒してやろうかなと思います」

――K-Jee選手は初代KRUSHクルーザー級王座決定トーナメントを全試合KO勝利で優勝していますが勢いに乗っているという手応えはありますか?

「勝てる相手に勝ったってだけで、実力と実績がある選手に勝ったわけじゃないんですよね。だから正直、自分のイメージに対して、このくらいの動きしかできなかった…という感覚になっていて、練習環境も変えようと思っています。今のままではダメですね」

――具体的にはどんなことを考えていますか?

「オランダのMike's Gym練習に行こうと思っています。今は福岡が練習の拠点になっているので、基本的には福岡で練習を続けて、試合が決まったら世界各国を回って色んな事を吸収しようかなと」

――自分にはまだまだ伸びしろがある、と。

「何もよりもまず知ることが大事なので、海外で色んなことを知って、それを自分のなかでまとめて形にしたいです」

――この一戦はクルーザー級日本人No.1を決める試合になると思っていますか?

「そうですね。ただ加藤選手のレベルが高いとは思ってなくて実績があるから楽しみって感じです」

――今回は加藤選手の地元・名古屋に乗り込む形ですが、自分が勝って会場を静まり返したいですか?

「静まり返すというよりは、この試合でファンをつけて自分が盛り上げたいという気持ちがあります。僕と加藤選手はK-1での試合数が少ないので、まだファンの人たちに認知されていないし、注目度も低いかもしれないです。だから試合が終わった時には注目されているような試合をしたいです」