2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 アンドレ・マナートとサム・グレコという“レジェンドのDNA”を受け継ぐもの同志の対決となったロエル・マナートとクリス・ブラッドフォードのヘビー級タイトルマッチは、ロエルが王者として圧倒的な力の差を見せつけて初防衛を果たした。

 拳の負傷の影響もあって1年8カ月振りのK-1参戦となったロエルは来年以降は定期的にK-1に出場していきたいと語り、「このベルトは自分のものなのでずっと守り続けるつもりだ」と連続防衛に意欲を示した。

ロエル・マナート
「試合に勝てたことは率直に嬉しいし、チームのみんなで喜びを分かち合ったよ。実際は試合前は2Rぐらいで終わるかなと予想をしていたが、結果的に1RでKO勝ちすることが出来て本当に嬉しく思っている。(1年8カ月振りの日本での試合になったが)怪我から復帰してこうして無事にリングに戻ることが出来て本当に嬉しく思っているし、自分自身の強さも戻ってきていると感じている。それはファンの皆さんにも昨日の試合で見てもらえたと思う。

(今後は3月の『K'FESTA.3』も含めて定期的に参戦したい?)こうしてベルトを守ることが出来たので、来年はこのベルトを防衛するためにももっともっと日本で戦いたい。日本は素敵な国だしファンも素晴らしい。日本で戦えることはいつも自分の中で楽しみにしている。

(圧倒的な強さで防衛したが、今後戦っておきたい相手は?)もちろん世界中には色んな戦いたいと思える選手もいるが、自分はK-1チャンピオンなので誰と戦いたいとチャレンジをするというよりは、ドンと構えて周りからどんどんチャレンジしてこいというスタンスだね。(防衛記録をどこまで伸ばしたい?)もちろん出来る限り長くベルトを守り続けたいし、このベルトは自分のものなのでずっと守り続けるつもりだ。そしてこのベルトを奪いに来る敵はみんなKOする」

 

選手登録