2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 クルーザー級王者シナ・カリミアンの負傷欠場が計量直前に発覚し、まさかのタイトルマッチ消滅となってしまった愛鷹亮。急遽参戦となった代役ヤン・ジェグンとスーパーファイトで対戦するも、ジェグンの右肩脱臼によるKO勝ちと消化不良の結末に終わった。

 度重なる悲運に見舞われた愛鷹だが、横浜アリーナに詰めかけたファンに向けて感謝の言葉を述べると、改めて来年3月「K'FESTA.3」での仕切り直しのタイトルマッチを熱望。「必ず自分がK-1チャンピオンになります」と力強く宣言した

愛鷹亮
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。自分のやることは勝つことだったので、まず結果を残せたのは本当に良かったと思います。横浜アリーナで試合が出来たことは本当に自分の中でも凄い大きなことですし、タイトルマッチが流れてしまったからと言って、それは見に来てくれているお客さんには全く関係のないことですので、自分の出来る限りの力を出して試合しました。

(カリミアンが全治12週間で「K'FESTA.3」への出場も微妙な状況だが?)自分の中では3月の『K'FESTA』でタイトルマッチをやらしていただきたいって気持ちが強いので、もしそこで出られないという状況だったら(タイトル返上や暫定王座など)他の形を考えてもらいたいなって思ってます。

(タイトルマッチが中止になった時の心境は?)前日の計量の時に聞いたんですけど、正直モチベーションはめちゃめちゃ下がっちゃって……戦うのはどうかなって気持ちもあったんですけど、やっぱり応援してくれる人も一杯いますし、試合を楽しみにしてるってメッセージもたくさんもらったので。そこはプロですしやらなきゃいけないと。

 実際に横浜アリーナの会場に入って、対戦相手のヤン選手は試合を見たこともあって凄い強い選手だということを知ってたんで。良い試合になるなと思って1Rからフルに飛ばして戦おうって決めてました。もう当日はタイトルマッチと同じぐらいの気持ちで戦いました。

(和装や赤ふんどしなどの和のイメージは今後も続ける?)そうですね。今回はイランvs日本のタイトルマッチってことで、何か日本式の礼儀として和装を選んできたんですけども。実際日本の文化って言うのは自分は凄い好きで……と言いながらアメリカンのハーレーに乗ってるんですけど(笑)、和洋折衷という言葉もありますし、格闘家は自分の好きなことをやって生きているんで。自分の好きなことをこれからもやっていきたいと思ってます。

(試合の中でより成長した部分は?)パンチスピードとか回転力も以前より確実に上がってきているなって思いましたけど、正直昨日の試合は自分の中では反省だらけで。ちょっと熱くなり過ぎたなって映像を見返しても思いますし、そこはまた修正して次の試合に挑みたいと思います。

(試合後の男泣きのマイクアピールをした時の心境は?)自分の中でベルトを獲ってこれを言おうって決めていて、大晦日が誕生日で30歳になるということで、もうここで言わなきゃタイミングはないなと思って思いきって言いました。泣くつもりは全くなかったんですけど、実際あの舞台に立っちゃうと込み上げてくるものがあって泣いちゃいましたね。(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は本当にありがとうございました。必ず自分がK-1チャンピオンになりますのでこれからも応援よろしくお願いします」