2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 トーナメント3試合をいずれも1KOで勝利し、圧倒的な強さを見せつけ王座戴冠を果たした江川優生。盟友の武居由樹が両国大会で果たせなかった全試合1RKOでの完全制覇で、“武居超え”を達成したかと思いきや「KOタイムの合計自体は由樹君の方が少し早かったみたい」と試合時間の合計で負けていたと笑顔で先輩を立てた。
 
 今後は「まずベルトの価値を高めて行きたい」と王座防衛に集中するとしながらも、1階級上の武尊とのチャンピオン対決も実現させたいと語り「本当に次が真価の問われる大事な一戦」と気を引き締めた。

江川優生
「昨日対戦した3選手、そしてトーナメントに出ていただいた全選手、ありがとうございました。初の外国人選手との対戦だったんですけど、本当に予想外のことばっかりでした。2試合目が西京選手なのかなと思ってたら外国人の選手だったり、反対ブロックも卜部選手が敗れてタイの選手が上がってきたり、本当に自分でもびっくりしたトーナメントでしたね。自分でも全試合1RKO出来るとは思ってなかったんで結果としては凄い嬉しいです。

(両国大会で全試合1RKOを宣言していた武居由樹を超えた?)本当自分も超えるつもりはなかったんですけど(笑)。でも後からAbemaTVで見たらKOタイムの合計自体は由樹くんの方が少し早かったみたいで。確か由樹くんが5分9秒で自分が5分39秒だったんで、時間的には負けてしまったんですけど、まあでもラウンド的には全部1Rだったんで、少しは並べたのかなと思って嬉しいです。

(POD恒例の古川会長の採点は?)最初は50点だったんですけど、そっから40点になって『いや、やっぱり20点だな』って(苦笑)。減点内容としては2試合目はバックスピンで倒したんですけど『相手に出されたからお前出しただけだろ。そんなんじゃ意味ねえよ。もっと自分から頭使って出さないと』って言われました。

(空手で実績のある中島千博など新しいメンバーの加入もあってチーム自体もレベルアップしている?)そうですね。本当に中島さんの存在はジムとして影響を与えていて、自分としてもジムとしても中島さんの蹴りは凄い良い勉強になってます。(1R連続KOを達成して武居から何と言われた?)『お前、やりやがったな』って(笑)。でもおめでとうって言ってくれました。

(トーナメントの中で一番苦しかった試合は?)苦しかったまでいくかは分からないですけど、2試合目の選手が思ったより凄く蹴りもパンチもあって、今まで自分が体験した中で多分一番蹴りもパンチも重かったです。パンチなんか全然バレラ選手より重たくて、これもらったら危ないなって警戒してました。しかも打たれ強くて、これちょともう1Rは捨てようかなと思ってたところで、ああやって倒せたんで。2試合目のアーサー選手には凄いびっくりしました。

(解説の魔裟斗さんが『契約体重でトーナメントをやって軽量級の一番強い選手を決めたら面白いんじゃないか?』と提案していたが?)いずれはやってみたいですけど、もうちょっとこのベルトの価値を高めてからの方が自分は良いのかなと思いますね。(3月のK'FESTA.3に向けては?)特に大きな怪我もないんで出れると思うんですけど、後は相手次第ですね。でも良い試合を見せられるようにこれから励んで行きます。

(武尊との試合を見たいと思ったファンも多いと思うが、チャンピオン対決にも挑戦してみたい?)すぐにとは言いませんけど、やっぱり階級がも近いんでいずれはやりたいですね。(決勝はジャオスアヤイのダメージが大きかったのでワンマッチで戦いたいという思いは?)そうですね。いずれまた彼が上がってくる選手であれば、そこは受けて立ちたいです。(ファンの皆さんのメッセージは?)昨日大きな怪我もなく無事3試合KOでクリア出来て、本当に次が真価の問われる大事な一戦だと思ってます。また進化してこのK-1のリングに戻ってくるんでまたよろしくお願いします。ありがとうございました!」