2019.11.18

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。

 7月のKRUSHでスクランブル出場ながら東本央貴に勝利してプロデビューを飾った松本涼雅。格闘代理戦争出身の此尾昂希による注目の一戦だったが、1Rに此尾が右スネを深くカットしてドクターストップ。松本のTKO勝ちというやや消化不良の結末となってしまった。

 松本は勝ち方もあってやや複雑な表情を見せながらも、team ALL-WIN勢の3人が全勝したことについては「(璃紅、瑠輝也)にええバトン渡せたかなって思います」と喜びを表した。

「昨日はああいう形で終わってしまったんですけど、しっかり勝てて良かったです。(本来の階級であるスーパー・フェザー級で戦ってみた感触は?)まあ良かったです。前回と違って身体作りとか追い込み練習とかしっかり出来たんで、体力面とかも強化出来たんでむっちゃ良かったです。(team ALL-WIN全勝でこの後に続く安保璃紅、瑠輝也につなげられた?)ええバトンを渡せたかなって思います。

(スーパー・フェザー級は同年代で既に結果を出している選手も多いが?)そうっすね。名前出してすぐ戦えるか分かんないですけど、やっぱ西京佑馬とは1回手合わせしたいなとは思ってます。(今後の目標は?)今年はもう終わりやと思うんですけど、来年良かったらちょっと3月のK'FESTA出たいんでよろしくお願いします。

(ファンの皆さんへメッセージは?)今日はありがとうございました。そんなええ感じの試合じゃなかったですけど、勝ちを見せられて良かったなと思ってます。あとそろそろオーソドックスと対戦お願いします。2戦連続サウスポーはちょっときつかったんで(苦笑)」

 

選手登録