2019.11.17

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。
 
 元同門の東本央貴との対戦となったSEIYAは右ミドルを中心に蹴りで主導権を握り判定3-0で勝利。これで5連勝を飾ったが、一夜明け会見では「やっとスタートラインに立てた。本当にここから始まり」と気を引き締めた。

 また5連勝全てが判定勝利ということもあり「もっとお客さんを魅了するようなスタイル、倒せるスタイルを目指して行きたい」と試合内容でも魅せる選手になりたいと今後の意気込みを語った。

「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。結果としては勝ててほっとしている反面、また今回も判定決着になって悔しい想いも入り混じってます。(元同門の東本との試合だったが?)東本選手とは入れ違いの形で、東本選手がジムを離れたあとに、僕がジムに入ったという形です。今、僕はMAD MAX GYMに所属しているので、会長であったりサポートしてくれているトレーナー達の想いもあって、ここで負けたらそういった人達の顔も潰すことになるので。とりあえず勝てて良かったのかなと思います。

 内容としてはまだまだやなって自分でも思っていて。色々あるんですけど、組み立て方であったりまとめ方の技術がまだ足りないなと。これを機にお客さんをもっと魅了させるようなスタイルを目指して頑張って行きたいと思います。

(5連勝して次はトップクラスの選手と戦って行きたい?)まあやっとスタートラインに立てたかなという思いです。自分は色々と遠回りしてきたんですけど、本当にここから始まりだと思ってより一層気持ちを引き締めて更なる高みを目指してこれから頑張って行きたいと思います。

(今後の目標や戦いたい相手は?)とりえずK-1・KRUSHのベルトを獲りに行きたいなと思います。今のところこの選手とやりたいってのはないんですけど、まず自分のスタイルをもっと確立させて、倒せるスタイルを目指して行って、後々にはK-1のベルトも狙って行きたいと思います。

(ファンの皆さんへメッセージは?)もっともっとお客さんを楽しませられるように、もっともっとKOを量産できるような選手を目指してこれから頑張って行きますので、ぜひこれからご期待ください」

 

選手登録