2019.11.17

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。
 
 バンタム級のトップファイター蒼士とKRUSH初参戦・吉岡ビギンの一戦は、両者が序盤から打たれればすぐにリターンするスリリングな攻防を展開。最後まで勝敗の行方が分からない拮抗した展開の末に延長スプリット判定で吉岡が勝利し、KRUSHデビュー戦で金星を飾った。

 一夜明け会見で吉岡は「蒼士選手はK-1やKRUSHで活躍している選手なんで、戦ってみてやっぱりそれだけの選手だということを改めて肌で感じた」と蒼士の実力を認めつつ「気合いで何とか乗り切ることができた」と延長にまで及んだ激闘を振り返った。

 蒼士に勝ったことで一気にバンタム級のトップ戦線に食い込むことにもなった吉岡、は「今からでもチャンピオンの佐々木(洵樹)選手の対策を練習します」とタイトル挑戦にも意欲十分。ゆくゆくはバンタム級とスーパー・バンタム級の二階級制覇を目指したいと野望を語った。

「昨日の試合は蒼士選手はK-1やKRUSHで活躍してる選手なんで、戦ってみてやっぱりそれだけの選手だなというのを改めて肌で感じましたね。本当に強かったです。(試合内容を振り返って)蒼士選手はスピードが武器なんで、それに対応する練習をずっとしていて、それがラウンドを重ねるごとにスピードに慣れてきて。練習通りいったかなってのはありますね。

 蒼士選手は本当にカーフキック(ふくらはぎを蹴るローキック)とかローキックが凄い痛かったんで、ちょっと危ないかなって思ったんですけど、何とか勝つことが出来て良かったです。(延長戦をものに出来た要因は?)延長戦をものに出来たのは本当に気合いですね。気合いで何とか乗り切りました。(カーフキックを実際に受けてみた感想は?)めちゃくちゃ痛いです(苦笑)。本当に痛いです。アレは嫌です。

(8日に行われたバンタム級のタイトルマッチはどう見ていた?)やっぱりチャンピオンになった佐々木選手は本当に強いなって印象がありますね。ボクシングで23戦ぐらい積んでらっしゃる方なのでパンチも上手いですし、もちろん蹴りも出来る選手なんで凄く上手だなって印象があります。(タイトル挑戦の最有力候補だった蒼士に勝利したことで、次戦タイトルマッチの可能性もあるのでは?)全然今から佐々木選手の対策を練習して行くんでいつでも大丈夫です。(まだ19歳という若さだが、今後はスーパー・バンタム級も視野に入れて戦っていく?)ゆくゆくは二階級を狙って行きたいですね。

(今後の目標は?)昨日はとりあえず蒼士選手に勝ったことで一安心してるんですけど、上に佐々木選手がいてるんで、先にバンタム級のベルトを獲って、そこから次はスーパー・バンタム級のベルトも狙えるようにこれからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日の試合でだいぶインパクトのでかい試合が出来たと思うので、ちょっとは僕の名前を覚えてもらえた方が増えたと思います。これからもっと良い試合をして、もっともっと有名になれるように頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします。昨日は本当にありがとうございました。
 team ALL-WINの3人全員で勝つことが出来たので、まさにチームの名前のオールウィンすることが出来て本当に良かったと思います。最初はちょっとプレッシャーが凄かったんですけど、何とか乗り切ったんで僕も一安心です(笑)。それはもう(安保)洸輝くんや瑠輝也のおかげです。本当にありがとうございます」

 

選手登録